ここから本文です

「出会いの場」は日本より多い、在タイ邦人の恋愛模様

3/22(日) 19:10配信

MONEY PLUS

タイに住んでいる日本人は、誰とつきあっているのか。どこで出会うのか。人それぞれではありますが、タイにいたほうが日本よりもはるかに、人と出会う機会が多いことは確かなようです。恋愛もタイ生活の楽しさを彩るものですが、先々を考えるとやはり、シビアさも求められてきます。

【写真】敬虔なタイ人に人気の「デートスポット」

人同士でつながろうという意識が日本より強い

タイでも日本でも、生活に潤いを与えてくれるのはパートナーの存在ではないでしょうか。とりわけ異国暮らしとなれば、心細いこともたくさんあります。なんでも話せて、お互い理解しあえ、大切にしようと思える相手がいれば、きっと毎日はより充実するでしょう。

タイの場合、日本よりもずっと「出会いの場」がある印象です。職場でも、歓迎会とか誕生会とか、コミュニケーションを取れるような機会がけっこうあって、アットホームな会社が多いように思います。

また、会社は違っても現地採用の日本人同士はつながりが強いので、飲み会はひんぱん。みんな自分の知り合いをどんどん連れてくるのが普通なので、人間関係はしぜんと広がっていきます。そうした場では、日本人、タイ人、それに現地在住の欧米人や韓国人なども同席することがあるでしょう。なかなかインターナショナルなんです。

そんな日本人の現地採用がタイ人と付き合う場合、やはり多いのは「仕事関係」のお相手。同じ会社、取引先などで、日常的に顔を合わせる人と親密になっていくのはどの国にいても同じなのでしょう。ほかにも、タイ語や英語教室、よく通っている店のスタッフ、住んでいるマンションの管理室の人など、身近な生活圏で相手が見つかったという人もいます。

meet upなど趣味やイベントを共有するアプリ、マッチングアプリなどは、タイでもよく使われています。それとタイ人は、フェイスブックなどのSNSは基本的に実名顔出し、さらに友達の友達だとか、よく知らない相手でもプロフなどを見て興味を持つと友達申請してきます。日本人よりも積極的に、SNSを出会いのツールとして活用しているのです。こちらもどんどん攻めていいでしょう。

やりとりはタイ語がベストではありますが、読み書き(入力)ができなければかんたんな英語でも大丈夫。

1/3ページ

最終更新:3/27(金) 13:20
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事