ここから本文です

元女王セリーナ 現状解決へ呼びかけ「やるべきことやっていきたい」<女子テニス>

3/22(日) 17:25配信

tennis365.net

女子テニスで世界ランク9位のS・ウィリアムズ(アメリカ)は21日にインスタグラムを更新し、自身の現状を報告した。

【セリーナ 涙の途中棄権でV逃す】

元世界1位のセリーナは「ここ最近は家にいて、社会的距離について学んでいる。この不明確な状況の中で自分のやるべきことをやっていきたい。みんなの行動が責任となるし、家で待機することは現状を解決に導くものの1つ」と外出を控えることの重要性などを綴った。

38歳のセリーナはキャリアで23度の四大大会優勝を含む73勝をあげている。今季は1月のASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、WTAインターナショナル)でタイトルを獲得した。

現在男女テニスツアーは新型コロナウイルスの影響により6月7日までツアー大会開催を中止している。

最終更新:3/22(日) 17:25
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事