ここから本文です

運動前にとるべき、10の食べ物

3/22(日) 20:41配信

ELLE ONLINE

専門家がおすすめ!

体調が良くても、空腹で激しい運動をするのはまるで拷問。一方、ワークアウトに適さない食べ物でおなかいっぱいの状態で体を動かした場合も、具合が悪くなって運動する意味がない。

では、満腹ではなく、おなかをほどよく満たし、ワークアウト前にぴったりのエネルギーに満ちた食べ物って何?

「体を動かす前に食べたり飲んだりしたものは、車にガソリンを入れるのと同様、体にエネルギーを補給します」

そう解説するのは、パーソナルトレーナー兼栄養士で、プライベートトレーニングを提供する「ソーホー・ストレングス・ラブ」と天然由来のサプリメントブランド「プロミックス・ニュートリション」で理学修士、登録栄養士、認定ストレングス&コンディショニングスペシャリストを務めるアルバート・メサニーさん。

「適切な種類の燃料(=食べ物や飲み物)を適切な量で供給すれば、効果的なワークアウトを実現できます。反対に、誤った燃料を使ったり、たとえ正しい燃料でもその量が多すぎたり少なすぎたりすると、運動に支障が出るでしょう」

しかも、体を動かす前に継続的に間違った燃料を与え続ける(または、まったく燃料を補給しない)ことにより、ジムに頻繁に通い続ける羽目に。そしてその結果、努力を重ねたにもかかわらず望む結果が得られないという状況に陥ってしまうと、メサニーさんは指摘する。

人には個人差があるため、それぞれの人が自分に適した食べ物を見極めるには、多少の実験が必要になるかもしれない。それでも、いくつかの共通して従うべきルールがあると、メサニーさんが教えてくれた。

● 100~200kcalまでのものを選ぶ
●炭水化物を摂るように心がける
●脂肪分および食物繊維の含有量が高いものを避ける(これらは胃もたれの原因となり、すぐ必要なエネルギー源にはならない)
●最後の食事をしてからかなりの時間が経過している場合、運動中に激しい空腹におそわれないように、少量のタンパク質を摂取する
 
これらのルールを守りさえすれば、何を食べてもOK。と話すメサニーさん。せっかくなので、メサニーさんが、とくにおすすめする絶対に安心安全な食べ物を紹介してもらおう。

1/2ページ

最終更新:3/22(日) 20:41
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ