ここから本文です

【K-1】KANAが豪快KO勝利、ペリトーレを失神させる

3/22(日) 20:00配信

ゴング格闘技

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」
2020年3月22日(日)さいたまスーパーアリーナ

【写真】フィニッシュとなったKANAの右フック

▼第16試合 スーパーファイト K-1女子フライ級 3分3R・延長1R
○KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ/K-1 WORLD GP初代女子フライ級王者)
[1R 2分42秒 KO] ※右フック
×グロリア・ペリトーレ(イタリア/ISKA女子世界-53.5kg級王者)

K-1女子フライ級のスーパーファイトで、K-1 WORLD GP初代女子フライ級王者・KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が、ISKA女子世界-53.5kg級王者グロリア・ペリトーレ(イタリア)と対戦。

KANAはK-1&KRUSH女子部のエースとして活躍。2016年4月に紅絹との王座決定戦を制し、第2代Krush女子フライ級王者となった。同王座は2017年1月にメロニー・ヘウヘスに奪われるも、同年12月に奪回。2019年12月に行われた初代女子フライ級王座決定トーナメントで優勝し、初代K-1女子フライ級王座も手にした。

王者第一戦として今回対戦するグロリアは10年以上のハンドボール歴を持ち、21歳で格闘技に転向。ボクシングをベースにしたステップワークを駆使するスタイルで米国、欧州、中国と世界各国で活躍する選手。

KANAは「去年と違ってチャンピオンとして試合をするので、試合をしっかり見せたい。今年は全試合KOを目標に試合をしていきたいです。グロリアは経験豊富で、ベラトールでやっていたり、自分がトーナメント前に一緒に練習していたアニッサとも対戦している世界トップと試合をしている選手。世界最高の試合をして勝ちたい」と意気込みを語っている。

1R、ともにオーソドックス構え。ペリトーレの左ローにすぐに右の蹴り返しはKANA。詰めて左ローを効かすと左ボディも。コーナーに詰めるKANAは左右ボディも当てるが、左フックを返すペリトーレ! しかしKANAは右ローを当て、つかみに来たペリトーレに対し、頭を振り払いながら右フック! ペリトーレは後方に吹っ飛び失神! 1R 2分42秒、KANAが豪快なKO勝利を決めた。

試合後、KANAはリング上で「応援、ありがとうございました。対戦相手のグロリア選手、イタリアから参戦してきてくれてありがとうございました」と、コロナウイルスの感染が拡大しているイタリアから来日したペリトーレに感謝の言葉を述べると、「王者としての初戦でこうして勝てたのも皆さんのおかげです。このスタートに満足せず1戦、1戦勝って強くなっていきます。これからもK-1の応援を宜しくお願いします」と会場のファンに挨拶した。

最終更新:3/22(日) 20:00
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事