ここから本文です

「梨泰院クラス」出演クォン・ナラ、「どんなドラマよりも長く余韻が残る」

3/22(日) 22:29配信

WoW!Korea

女優クォン・ナラが「梨泰院クラス」の全スタッフと視聴者たちに向けた愛情いっぱいの最終回の感想を伝えた。

梨泰院クラスのプロフィールと写真

クォン・ナラは22日、所属会社のA-manプロジェクト側を通じて「長い撮影期間がとても短く感じられるほど、本当に良い監督、スタッフの皆さん、先輩たちと一緒に幸せに撮影しました。他のどのドラマよりもっと長く余韻が多く残るドラマになりそうです」と「梨泰院クラス」に対する格別な愛情を明らかにした。

また、「何よりも多くの方々の愛を受け、とても感謝して幸せでした」「個人的にもたくさん教わりながら楽しかったです。すごく惜しいと思いますが、これからもより良い演技者、そしてより良い人になれるように頑張ります。これまで『梨泰院クラス』とスアを愛して下さった方々にもう一度感謝します。 皆さん、さらにお幸せに」と感謝の気持ちを伝えた。

これと共に公開された写真ではクォン・ナラの最後の撮影現場の裏側が目を引く。キム・ソンユン監督と最後まで意見を交わしながら慎重に撮影を準備したり、ホン・ソクチョンと和やかに言葉を交わす姿が見る人の心温まる笑顔を誘う。

クォン・ナラは21日、放送が終了したJTBC金土ドラマ「梨泰院クラス」でオ・スアを演じ、熱演を繰り広げた。クォン・ナラは原作よりさらに細かくなったオ・スアの話を元に再解釈、クォン・ナラ印のオ・スアを誕生させた。これにブランド評判5位を相次いで占めるなど、人気女優としての立場を強固にした。

特に恩人の息子であり、初恋の相手パク・セロイを応援しながらも成功に向けての敵であるチャン・デヒ会長(ユ・ジェミョン)の最側近となった彼女のギリギリの感情線が関心を集めた。極限の状況でもそのまま自らの力で成し遂げる堂々とした高校生オ・スアの登場を皮切りに、野望に向けてどんな困難も恐れない能力とリーダーシップをすべて備えたキャリアウーマン、オ・スアまで人物の成長に伴い、変奏する彼女の実力が目立った。

また、第15-16話でこれまで黙認していた“チャン家”の不正を全て明らかにして、どん底から再び自立する姿はオ・スアだけの新しい反乱だった。クォン・ナラはチャン会長の横暴を傍観していた過去を清算して新しくスタートするオ・スアを特有の明るいエネルギーで消化した。これは自分の信念と能力を信じればいつでも始めることができるという勇気と応援を吹き込み、意味を加えた。

「梨泰院クラス」を終えたクォン・ナラは現在、慎重に次回作を検討中だ。活発な活動を続けて行く予定だ。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

最終更新:3/22(日) 22:29
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事