ここから本文です

女性ひとりでジンギスカン 歌舞伎町に定食スタイルのラム肉焼肉店

3/22(日) 20:00配信

日本食糧新聞

一人で気軽に楽しむ「ひとり焼肉」もすっかり定着した観があるが、東京・新宿歌舞伎町に新しい方向性の一人焼肉業態が誕生した。「熟成仔羊焼肉 LAMB ONE(ラムワン)」は、ラム肉の一人焼肉専門店だ。低カロリー、高タンパクでヘルシーなことから、最近注目度の高いラム肉を、一人焼肉で楽しむという、外食業界で今、最も響くキーワードを組み合わせた新店である。
店内は全席カウンターで、1席ごとに焼き台が置かれる。ラム肉をお客それぞれがジンギスカン風にカジュアルに焼くシステムだが、「ジンギスカン」と聞いて多くの人がイメージするような、アルコールを豪快に飲み、煙モクモクでラム肉を焼く、などといった従来のジンギスカンとはまったく異なる。
ご飯、肉、野菜、わかめスープ、キムチの定食セットスタイルで、アルコール抜きでゆっくり味わいたい人にとって居心地のよいシステムになっているのだ。
また、提供されるラム肉は、臭みがほとんどないニュージーランド産のラムを使用。塩麹漬け、ごま味噌漬けのラム肩ロース、熟成ラム肩ロースなどがあり、セットのご飯は五穀米か白飯が選べる。
ジンギスカンスタイルながら、鍋に敷く焼き野菜をシーザーサラダに変更することもできる。同店は「女性ひとりでも気軽に利用できる店」を強く意識しているそうで、こうした細かな気配りは、なるほど、女性には特にうれしい。
同店のこれからの展開次第で、“女性ひとりジンギスカン”の外食文化が今後、急速に広まるかもしれない。
●店舗情報
「熟成仔羊焼肉 LAMB ONE(ラムワン)新宿本店」所在地=東京都新宿区歌舞伎町1-17-20 第3NKビル1階/営業時間=午前11時~午前0時/席数=カウンター23席

日本食糧新聞社

最終更新:3/22(日) 20:00
日本食糧新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事