ここから本文です

今週の秋葉原情報 - 東プレ初のマウスが発売に、ボタンはお馴染みの静電容量無接点方式を採用!

3/23(月) 17:01配信

マイナビニュース

ProjectMのオープンフレームケースに新カラー

台数限定のホワイトバージョンが登場

ProjectM(アユート)から、ホワイト塗装のオープンフレームケース「PM-N-FRAME-ATX-WHITE」「PM-N-FRAME-MATX-WHITE」が登場、発売が開始された。長尾製作所より、すでにブラック版が発売されており、これはそのカラバリとなる。価格は、ATXの前者が17,000円前後、マイクロATXの後者が16,000円前後で、それぞれ100台限定生産。

【写真】「REALFORCE」の東プレがマウスをつくったら…

グラフィックスカードは、垂直配置にも対応(ライザーケーブルは別売)。水冷にも対応しており、最長36cmサイズのラジエータを側面/背面に取り付けることができる。ストレージは、2.5インチ×2台と3.5インチ×1台の搭載が可能だ。

エアフローを重視した安価なミドルタワー

MSIの「Mag Forge 100M」は、安価ながら、強化ガラスとRGBファンといった定番を抑えたミドルタワーケース。6ポートのLEDコントローラを内蔵しており、LEDストリップを追加することも可能だ。LEDは、ケースのボタンで5種類の発光モードを切り替えることができる。価格は7,500円前後。

安価だがPCIe 4.0対応のM.2 NVMe増設カード

フルモジュラー仕様のスタンダード電源

SilverStoneの「ST55F-PB」「ST65F-PB」「ST75F-PB」は、フルモジュラー仕様でケース内での取り回しが容易な80 PLUS Bronze電源。従来モデルからは、ノイズ値と最低出力の性能が進化したほか、保護機能が充実したという。ラインナップは、550W、650W、750Wの3モデルで、TSUKUMO eX.での価格は11,638円~13,838円。

電源コネクタの向きを変えたいときに便利

ノーブランドの各種電源コネクタがオリオスペックに入荷している。いずれも、電源コネクタの向きを変換するためのもので、スペース的にケーブルを通す余裕が無い場合などに良いだろう。価格は、ATX 24ピン用(90°)が2,178円、VGA 8ピン/6ピン用(180°)が1,760円。VGA用は、方向が逆の2タイプが用意されている。

リーズナブルなM.2 NVMe SSD増設カード

ASUSの「Hyper M.2 X16 Gen 4 Card」は、M.2 NVMe SSDを最大4台増設できるPCI Express x16カード。従来モデル「Hyper M.2 X16 Card」のインタフェースはPCI Express 3.0だったが、新モデルは4.0対応になっており、データ転送速度の向上が期待できる(4.0対応はAMD TRX40/X570搭載マザーボードのみ)。価格は8,000円前後。

高速なPCI Express 4.0対応SSDを搭載するため、各スロットに最大14Wを供給できる電源回路を搭載したという。基板全体を覆うヒートシンクは大型化しており、冷却性能も強化された。M.2は22110サイズまで搭載可能だ。

1/2ページ

最終更新:3/23(月) 17:01
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事