ここから本文です

iPhone 12(仮)にもLiDARスキャナが搭載されるかも。でも上位モデルだけなのかも

3/23(月) 12:00配信

ギズモード・ジャパン

くっ、財布がもたない…!

新型iPad Proにて新たに搭載された、物体までの距離を測定する「LiDARスキャナ」。もちろん次期iPhone(仮にiPhone 12シリーズ)への投入が期待されているわけですが、この機能は最上位モデルにしか搭載されないかもしれません。

9to5Macが流出した「iOS 14」から発掘した情報によると、まずiPhone 12(仮)は「d5x」のコードネームで呼ばれているそうです。そして、このうちでLiDARスキャナの搭載が期待されるのは2モデルのみ。このことから、上位モデルに相当する「iPhone 12 Pro(仮)」「iPhone 12 Pro Max(仮)」にだけ、新センサーが搭載されると推測されているのです。

先述した新型iPad Proでは、LiDARスキャナの搭載によりAR機能が強化されています。さらにリーク情報ですが、iOS 14ではAR機能が拡張され(コードネーム:Gobi)、Apple Storeやスターバックスの店舗でAR機能で商品情報や価格をチェックできる、なんて噂もありますね。

4モデルが登場すると噂される、iPhone 12(仮)シリーズ。全モデルそろってのLiDARスキャナの搭載が実現しないとすれば若干残念ではありますが、このあたりは部品コストの関係もあるのでしょう。3レンズ+LiDARスキャナのごついカメラシステムを搭載するiPhoneの姿も、それはそれで見てみたい気がします。

9to5Mac

塚本直樹

最終更新:3/23(月) 12:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事