ここから本文です

東出昌大を見放した義父・渡辺謙の“大人の事情”…謝罪会見での発言に失望か

3/23(月) 15:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 不倫スキャンダル発覚から2カ月あまり。俳優、東出昌大(32)が芸能界から引退勧告を突き付けられる可能性が出てきた。この状況に別居中の妻で女優の杏(33)は相変わらず沈黙したままだ。

「厳しいのはこれまでメディアに知られることなく必死に彼を支えてきた“最後の後ろ盾”が今回の会見の様子を見て、ついにサジを投げたことです」(芸能関係者)

 東出の後ろ盾とは日本が世界に誇るハリウッド俳優として、また杏の父、東出の義父としてその名を知られる渡辺謙(60)。巷では「不仲説」や「一切の連絡を絶っている」といわれていた。

「今回の件を知った渡辺は周囲に対し『最終的には俺が面倒を見るしかない』と語っていたそうです。そして渡辺の事務所関係者が修復に動いた。事情はどうであれ放ってはおけなかったようです」(前出の芸能関係者)

 義父の渡辺を失望させたのは今月17日、都内で開催された映画のトークイベントでの東出の発言。スキャンダル発覚後、初めて公の場に姿を見せた東出は「妻である杏と唐田とのどちらが好きか?」と問われ、「私の心の内を今ここでしゃべることは、妻を傷つけることになると思いますのでお答えできません」と返答。関係者の誰もが「そこは嘘でも“杏です”と言うところだろう」と総ツッコミをした場面だった。

「いまだに不倫相手である唐田えりかに対し未練があるということを自ら暴露したようなものです」(ワイドショー関係者)

 このやりとりを見た渡辺は怒りを通り越し、呆れて言葉がなかったという。

「実は渡辺は東出の不倫騒動がなければ、20歳年下の一般女性と3度目の入籍をする予定だった。しかし今回の一件ですべてが流れてしまった。それでも渡辺は義理の息子である東出に対し救いの手を差し伸べていたわけです。だがそれもあの会見を見て、何か違うと感じたようです」(テレビ局関係者)

 残るは杏の決断を待つばかりだが……。

「離婚しなければ東出の億単位の違約金や慰謝料を杏が肩代わりすることになります。今後、東出が芸能界に残れても入ってくる仕事は脇役がいいところ。杏一人で億の違約金返済は厳しいはずです。子供のことを考えたら離婚して新しい人生を歩むしかないかもしれません」(ドラマプロデューサー)

 周囲から見放された東出は今、何を思うのか。

最終更新:3/23(月) 17:28
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ