ここから本文です

【K-1】魔裟斗、木村ミノルに元強豪外国人王者との対戦要望「全然やります」(木村)

3/23(月) 18:35配信

イーファイト

 3月22日(日)さいたまスーパーアリーナにて行われた『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~』の一夜明け会見が、23日都内にて行われた。

【フォト】エダー・ロープスのアゴを打ち抜き失神させる木村の右ストレート

 本大会で行われた「K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント」に出場し、全試合1RKO勝利を収め王座を獲得した木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)が会見に臨んだ。

 黄金のベルトを肩に掛け会見場に姿を現した木村は「昨日はめちゃくちゃ調子よくて、1日中ゾーンの中にいた感じ。試合中はどうやったら倒せるとか舞い降りてきていた。(相手の情報は)ファーストコンタクトで読み取れて、自分を信じられた」と、最高の状態でトーナメントを終えられたことを明かした。

 1回戦はお互いに無傷の状態で戦うこととなるため「海斗選手との1回戦が一番緊張感というか、怖いという気持ちがあった」と、大会の第1試合でもあった1回戦の心境を告白。

 その後の準決勝、決勝は「ダメージ溜まってるのも見てたし、僕はサクっと勝てた。それはトーナメントにおいてはめちゃくちゃでかい」と理想通りの展開。「運的な要素も全部僕に来ていた。環境的にも獲りやすい状況になっていた」と、様々な要素に恵まれていたと語った。

 今後の目標を問われると「このベルトを持っていたチャンピオンはだいぶ強く、偉大な選手。それに並ぶじゃないけど、このベルトの価値を下げないためにも、このベルトを守る任務は果たしていかないといけない」と、まずは防衛記録を伸ばしていくことに気持ちを向けた。

 なお、元K-1MAX王者の魔裟斗から、初代王者マラット・グレゴリアン、第2代王者チンギス・アラゾフと戦って欲しいと要望されたことに触れると「全然やります」と即答。「アラゾフは苦手なタイプだけど、グレゴリアンはすぐにでもやります」と、夢の対決の実現を示唆。さらには「そういう選手に参戦してもらってもっともっとかき乱す、70kgを凄い状態にしたい。世界中の王者が集まってこのタイトルを争うようにしたい」と、K-1を中量級戦国時代にしたいという希望を明かした。

最終更新:3/23(月) 18:35
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事