ここから本文です

すべてのビジネスはサブスクへと向かう 専用の管理基盤Scalebaseを提供するアルプの狙い

3/23(月) 14:03配信

ITmedia ビジネスオンライン

 昨今大流行のSaaSビジネスだが、その管理の裏側は相当に複雑化している。SaaSのビジネスモデルは、定額料金を支払うことで継続してサービスが受けられるサブスクリプションモデルだが、これは製品を仕入れて売るという一般的なビジネスとは構造が大きく違うからだ。

Scalebaseの構造

 「サブスクリプションビジネスは最も複雑になりやすいモデル。売って終わりのモデルではない。でも裏側の管理の基盤は変わっていない。多くが、モノ売りで使っていたシステムを使っている」。こう話すのは、サブスクリプションビジネス専用の管理サービス「Scalebase」を提供するスタートアップ、アルプの伊藤浩樹社長だ。

 伊藤氏は元ピクシブの社長を務めた人物。ピクシブでも月額課金ビジネスを提供していたが、当時の経験を基に、サブスク市場は大きなニーズがあるとにらんでいる。

SaaS事業者の多くが顧客ごとのプランをスプレッドシートで管理

 Scalebaseでは、顧客ごとにどのような契約を結んでいるのかのデータベースと、サービスや商品のデータベースを管理できる。Salesforceで入力した受注情報や、ECサイトなどでの購入情報を取り込んで、顧客ごとに請求データを作成。請求書作成サービスやオンライン決済サービスや会計ソフトにデータを渡すことができる。

 こんな仕組みが必要になるのは、サブスクリプションビジネスでは、価格設定がどんどん複雑化していく宿命にあるからだ。アルプが行ったアンケートによると、4割のサブスク事業者がエクセルなどのスプレッドシートで、契約ごとの請求額を管理しているという。

 しかし、サブスクは、そもそもSalesforceやスプレッドシートで管理するのに向いたサービスではない。どんどんプライシング(価格付け)が複雑になっていくからだ。

 「例えば、ある契約を、半年後に年間契約50万円に変えようと思っても、値段だけをいじるのは管理上難しい。結局新しいプロダクトを追加して、乗り換えてもらうことになる。今同じ商品でも、このお客は10万で別のお客さんは20万円ということもある。このお客さんはフリーレント、このお客さんは……とバリエーションが増えてしまう」(伊藤氏)

1/3ページ

最終更新:3/23(月) 14:03
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事