ここから本文です

【新型コロナウイルス影響】F1新レギュレーション導入、2022年に延期 費用負担の緩和が目的

3/23(月) 10:00配信

AUTOCAR JAPAN

新しいテクニカルルールの導入延期

text:Kris Culmer(クリス・カルマー)

新型コロナウイルスの世界的な大流行に伴う混乱により、フォーミュラ1の、新しいテクニカルルールの導入時期が、当初の2021年から2022年に延期された。

【写真】2020年F1参戦カー【比べる】 (10枚)

F1の幹部、参加チーム、およびFIA(国際自動車連盟)は、3月19日電話会議にて全会一致でこの遅延に同意した。

2020年序盤の7つのレース(オーストラリア、バーレーン、ベトナム、中国、オランダ、スペイン、モナコ)は、すでに延期または中止が決定している。

これにより、6月7日に予定されているアゼルバイジャン・グランプリが、シーズン開幕戦となる。

F1の責任者は、シーズントータルで18から19レースの開催を期待しているものの、現在のところ予定されているのは15レースのみとなっている。

より白熱したレース展開とするために、新しい規制では、V6ハイブリッドパワートレイン以外の、シャシーデザインの完全なオーバーホールが義務付けられている。

この規制の遅延は、2020年シーズンのF1に参戦する10チームに与える、費用面での負担を和らげることを目的としている。

これにより、シャシーの重要なエレメントの開発は、2021年まで「凍結」される。

FIAの声明

FIAは声明にて「2020年チャンピオンシップの現状、および新型コロナウイルスの大流行により引き起こされた課題への対応について、関係者が協議を行いました」と述べている。

「現在の不安定な財政状況により、チームは2021年に2020年型シャシーを使用することで合意しました。さらなるコンポーネントの凍結の可能性については、後日議論される予定です」

「財政規則の導入と実施は、予定どおり2021年に進められます。FIA、F1および全チームで、大幅なコスト削減の達成方法について議論が続けられます」

「すべてのチームは、新型コロナウイルスによる世界的状況が変化し続ける中、2020年のスケジュールを再編するための、継続的な取り組みに関して、FIAとF1への支持を表明しました」

「これらのコミットメントはすべて、最終承認のために関連運営機構に委ねられます」と語っている。

1/2ページ

最終更新:3/23(月) 10:00
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事