ここから本文です

「中国最大の島は台湾島」中国製玩具が宣伝 大陸委「統一戦線は許さない」

3/24(火) 15:04配信

中央社フォーカス台湾

(台北中央社)台湾で市販されている中国製の知育玩具に、台湾統一を狙うプロパガンダが含まれていることが分かった。与党・民進党の趙天麟立法委員(国会議員)らが23日、記者会見で明らかにした。台湾で対中国政策を担当する大陸委員会は同日夜、書面を通じ、「中国大陸が輸入品によって台湾への統一戦線工作を行うことは許さない」とし、中国製品に対する規制の強化に向けた対応を協議する方針を示した。

問題のおもちゃは、ボタンを押すと物語を話すというもの。おもちゃが話す内容に、「中国最大の島は台湾島」「台湾海峡は中国最大の海峡」「8月1日は建軍節(中国人民解放軍の建軍記念日)」「10月1日は国慶節(中華人民共和国の建国記念日)」などの文言が含まれていた。

中国との貿易に関する規則を定めた「台湾地区および大陸地区貿易許可弁法」では、中国からの輸入が認められる商品は「物品の本体または内外のパッケージに明確な統一戦線の印(文字あるいは図柄)がないこと」が条件として定められている。趙議員は、この規則では「音」の部分がカバーされていないため、法律の抜け穴になるのではないかとの懸念を示した。

(頼言曦/編集:名切千絵)

最終更新:3/24(火) 15:04
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事