ここから本文です

諏訪部順一『閃光のハサウェイ』ケネス役に決定「とても出たかった」 ギギは上田麗奈

3/24(火) 23:30配信

オリコン

 声優の小野賢章、上田麗奈、諏訪部順一が今夏に公開を予定している「機動戦士ガンダム」40周年企画の映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』で声を担当することが24日、わかった。同日に無観客で行われたファンイベント『GUNDAM FAN GATHERING「閃光のハサウェイ」Heirs to GUNDAM』で発表された。

【写真】『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の場面カット

 小野は主人公のマフティー・ナビーユ・エリンことハサウェイ・ノア、上田はギギ・アンダルシア、諏訪部はケネス・スレッグを演じる。役が決まった瞬間について小野は「最初は信じられなかったです。決まりましたと連絡をいただいたときに『いや、またまた』って思いました(笑)。それが実感に変わってプレッシャーを感じつつ…。でも、やるしかない。今は一生懸命、やっているという感じです」と振り返った。

 上田は「うれしかった反面、プレッシャーが大きすぎて…。ここから逃げたいって思いが強かった(笑)。そう思いつつも今の自分だからできることを一生懸命やっていきたいなという思いを強く持ちました」と決意を新たに。諏訪部は「『やったー』という感じでした。正直、狙ってましたので。とても出たかったので、うれしかったです」としみじみ口にした。

 キャラクターについて諏訪部は「パッと見の感じ、優男でキザな感じの雰囲気。でも、れっきとした軍人で、それなりの階級でもある。ピシっとした部分と、ちょっと気取った部分をいいバランスで、ほどよい感じの大人感が出せれば」と込めた思いを熱弁。上田は「初めて見たときは大人っぽいな、美しい人だなと思ったんですけど、よくよく見るとちょっと少女っぽいところもあるなと思った」と第一印象を語る。そして「オーディションを受けている間に、だんだん行方がわからなくなって(笑)。女性らしい、かわいらしいのに加えて、ちょっと危うさも感じられるようになって。そこも魅力の女性だと思いますね」と物語のキーとなるギギの存在を語った。

 

1/4ページ

最終更新:3/26(木) 7:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事