ここから本文です

五輪延期なら大量自主訂正の恐れ 教科書検定

3/24(火) 17:20配信

産経新聞

 24日に検定結果が公表された中学校教科書(令和3年度から使用)。東京五輪・パラリンピックは子供たちの関心も高く、各教科で五輪をテーマにした教材が盛り込まれた。ただ、新型コロナウイルスの影響で予定通りの開催が危ぶまれている。来年以降への延期や中止が決まった場合、大量の自主訂正を余儀なくされる恐れもあり、各社の編集担当者らは気をもんでいる。

【表】主な出かけて「いい場所」「悪い場所」

 五輪に関する記述は、保健体育を中心に過去の大会で活躍した選手や大会の理念、レガシー(遺産)の話題といった一般的な取り上げ方が多い。

 問題となるのは、今年の開催を前提とした記述だ。「2020年、日本では2回目となる夏季大会が開催されます」という文章や、「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会を振り返ってみよう」と考えさせるコーナー、「TOKYO 2020」などと記載されたエンブレムの画像などは、今年の開催が見送られた場合、「事実と異なる記載」として自主訂正する必要も出てくる。

 ただ、各社とも代替の記事や画像を用意しなければならず、ある編集担当者は「どちらにせよ早く決めてほしい。そうでないと採択までに印刷が間に合わない」と話している。

最終更新:3/24(火) 20:31
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ