ここから本文です

「次の総理」世論調査で安倍首相トップ奪還 自民支持層では約4割 コロナ危機対応評価は恒久的か一時的か

3/24(火) 7:02配信

FNN.jpプライムオンライン

「次の総理」調査で安倍首相がトップ奪還

FNNは3月21・22日の両日、全国の有権者を対象に電話世論調査(固定電話+携帯電話・ROD方式)を実施し1052人から回答を得た。この中で、「次の総理大臣にもっともふさわしいと思う政治家は誰か」について10人の政治家の名前をあげて聞いたが、その結果は次の通りだ。

【画像】安倍内閣支持率の推移グラフ

安倍晋三 18.8%
石破茂 18.5%
小泉進次郎 9.8%
枝野幸男 4.9%
河野太郎 4.1%
岸田文雄 2.9%
菅義偉 1.0%
野田聖子 0.7%
茂木敏充 0.5%
加藤勝信 0.5%
この中にはいない 28.4%

この1か月間、新型コロナウイルスへの対応について記者会見や政府対策本部で発信してきた安倍首相が久々にトップを奪還した。大規模イベント自粛や全国一斉での学校休校について、調整が不十分だなどと批判を受けつつも、強めの対策を打ち出した姿勢が、一定の評価を得たものとみられる。

安倍首相に続いては、過去2回の調査でトップだった石破茂元幹事長が2位につけ、小泉進次郎環境相、枝野幸男立憲民主党代表、河野防衛相、岸田自民党政調会長と続いている。

過去3回の調査と比較した傾向 数字を落としたのは…

そしてこの結果を、FNNが去年から今年にかけて4回 (2019年4月・ 9月 ・12月 ・2020年2月 ・2020年3月)にわたって行った同じ質問の結果と比較すると、いくつかの特徴が浮き上がる。

安倍晋三 (― ・17.3%・ 18.2%・ 15.0%・ 18.8%)
石破茂 (20.7%・ 16.0%・ 18.5%・ 21.2% ・18.5%)
小泉進次郎 (25.9% ・14.3% ・14.5%・ 8.6%・9.8%)
枝野幸男 (4.0%・ 4.1% ・4.7% ・6.0% ・4.9%)
河野太郎 (3.4%・ 5.9%・ 5.3% ・4.4% ・4.1%)
岸田文雄(8.4% ・5.0%・ 2.7%・ 2.4%・ 2.9%)
菅義偉( 5.8%・ 6.3% ・3.0%・ 2.4% ・1.0%)
野田聖子 (2.0%・ 0.9%・ 0.9% ・1.2% ・0.7%)
茂木敏充(0.2%・ 1.1% ・0.6%・ 0.4% ・0.5%)
加藤勝信 (0.7%・ 0.5%・ 0.2% ・0.4%・ 0.5%)

前月と比べ、順位に変動があったのは2カ所だ。1つは先述の安倍首相と石破氏の逆転。もう1つが、菅官房長官が2.4%から1.0%へと下落し、岸田氏の後塵を拝することになったことだ。

菅官房長官の数字が、2019年9月の6.3%から1.0%にまで落ち込んだことについては、新元号「令和」を発表したことによる「令和おじさん人気」が消えたほか、自民党関係者らからの菅長官をポスト安倍に期待する声が止まったことが影響しているとみられる。さらにここ最近の傾向としては、新型コロナウイルス対策では安倍首相の積極発信の陰に隠れがちなこと、訪日観光客増など菅長官の肝いり政策がウイルスの影響で厳しくなっていることなども関係している可能性がある。

1/3ページ

最終更新:3/24(火) 11:23
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ