ここから本文です

【NFL】QBホイヤーが3度目のペイトリオッツ加入

3/24(火) 7:40配信

NFL公式サイト日本語版

クオーターバック(QB)ルームに大変革が起きているニューイングランド・ペイトリオッツに、馴染みある顔が戻ってくる。34歳のQBブライアン・ホイヤーだ。最後にペイトリオッツでプレーしたのは2018年だったホイヤーがチーム復帰に近づいていると『NFL Network(NFLネットワーク)』のイアン・ラポポートが現地22日(日)に伝えた。

【動画】2019年ワイルドカード:タイタンズとペイトリオッツが対戦

契約の内容はまだ明かされていないものの、ラポポートは1年契約だと見られるとつけ加えている。

このニュースを最初に報じたのは『Boston Globe(ボストン・グローブ)』のジム・マクブライドだった。

ホイヤーはペイトリオッツからおよそ100万ドル(約1億1,000万円)を受け取る見込みであるのに加え、リリースされる前にインディアナポリス・コルツによって100万ドルを保証されており、インセンティブによって200万ドル以上を手にすることも可能だとラポポートは述べた。

「バックアップとして500万ドルや600万ドルをオファーする者がいたとしても、ブライアンはニューイングランドへ戻ることを望んだはずだ。彼らは先発として戦うチャンスを与えてくれたし、それこそ彼が求めているすべてだ」とホイヤーのエージェントはラポポートに語っている。

ホイヤーはバックアップの座を2019年ドラフト4巡目で指名されたジャレット・スティッドハムに奪われ、昨年8月にペイトリオッツからリリースされた。今後はスティッドハムとコーディー・ケスラーのいるデプスチャートに加わることになる。

トム・ブレイディが太陽の光あふれるフロリダ州タンパへと去ったことで、QBポジション――そしてチーム自体が――20年ぶりに新たなアイデンティティ探しに乗り出す不確定な状態となった。

ホイヤーの加入によってヘッドコーチ(HC)ビル・ベリチックの手の内が見えてくるわけではないが、すでにシステムに馴染みのあるメンバーを呼び戻したのは興味深い動きだ。それでも、チームが先発QBとしてドラフトや新たなホームを探している元ナンバー1QB(アンディ・ダルトン、キャム・ニュートン、ジェイミス・ウィンストン)らに目を向ける可能性はある。ただし、報じられるところによればウィンストンはターゲットにはならないようだ。

1/2ページ

最終更新:3/24(火) 7:40
NFL公式サイト日本語版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事