ここから本文です

ワイングラスで熟成日本酒を! デートで使えるコの字酒場 錦糸町「井のなか」

3/24(火) 20:14配信

テレ東プラス

カウンターが“コの字“の店は、左右、斜め、人の顔が並び、お客もお店の人も、みんなフラットに話せて、いろんな出会いがある。

今回は、日本酒の名店、錦糸町「井のなか」へ。錦糸町駅の北口から徒歩5分、スカイツリーが間近に見える場所に「井のなか」はあります。老舗の居酒屋なども多く、コアなお客さんが集う錦糸町の中では新しい方ですが、14周年を迎える人気店です。

カエルが見守る木製の扉を開けると、ステキな笑顔の店主・工藤卓也さんが出迎えてくれます。

ホテルマンから転身、茅場町の飲食店での店長経験を経て独立した工藤さんが作った「井のなか」は、バーのような雰囲気もありながらストンと非常に落ち着くコの字酒場。

「デートで使えるコの字」をコンセプトに、女性もうれしい、日本酒に合う本格的なフレンチ、イタリアン、和食、中華のメニューが並びます。


くつろげるよう特別に誂えた木製コの字カウンターとイス。足がブラブラしないようイスに足置きを作り、高さは最も疲れないといわれる27センチ。工藤さんのお眼鏡にかなうものを探しまくりようやく見つけたという一枚板のコの字カウンターは、木目をウレタン加工にして、研磨剤なし。車のワックスで週一回磨くこと、それがこのお店のスタイルです。

ここに来たからには、やはり日本酒を! ラインナップは豊富で、「日本酒は北陸のものを置いている店が多いけど、うちは西のものを取り揃えています」と工藤さん。中でもオススメは、工藤さんと知人でもある蔵元から仕入れている福岡「扶桑鶴」、広島「竹鶴」、福岡「独楽蔵」。「一合」だけでなく「ちょこっと」飲みもあるので、いろんなお酒を楽しみたい方にもうれしい!

まずは、「独楽蔵」の「円熟 純米吟醸 玄」を「ちょこっと」(430円)で。日本酒初心者にもオススメの、さらっと飲みやすいお味です。

さて、何を食べましょうか? メニューには、それぞれのお酒に合う料理も記載されているので参考にしつつ.....

この日は、島根から入荷した松葉ガニがあるというので、「松葉ガニとシメサバの盛り合わせ」を贅沢にオーダー。カニは新鮮で美味しい。お酒も進む! 分厚いシメサバも食べ応えあり。

1/2ページ

最終更新:3/24(火) 20:14
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事