ここから本文です

(K)NoW_NAME「挑戦だった」立花綾香×NIKIIEが語る『ドロヘドロ』音楽:インタビュー

3/24(火) 18:11配信

MusicVoice

 (K)NoW_NAMEが、現在放送中のアニメ『ドロヘドロ』(TOKYO MXほか)でオープニングテーマとエンディングテーマ、BGMを含めた本作の楽曲制作、全てを担当した。アニメは、林田球氏原作漫画のアニメ化。魔法によって顔をトカゲに変えられた記憶喪失の男が記憶を取り戻すために奮闘する姿を描いた。音楽をプロデュースする(K)NoW_NAMEは、オープニングテーマ「Welcome トゥ 混沌」と「D.D.D.D」など6つのエンディングテーマを手掛けた。作詞に携わったボーカルの立花綾香とNIKIIEは「挑戦だった」と振り返った。オープニングテーマは2月に発売済みだが、エンディングテーマを収録したアルバム『混沌(カオス)の中で踊れ』は今月25日に発売される。今回は立花綾香とNIKIIEにインタビュー。昨年末に行われたレーベル初のフェスや自身の変化などを含め聞いた。【取材・撮影=木村武雄】

家族感があったレーベルフェス

 圧巻の歌声を見せる立花綾香とNIKIIEだが、そのスタイルは対照的だ。同じ力強さも感情をむき出しに歌い上げる立花綾香に対して、相手を包むような優しさで力と成すNIKIIE。その異なる個性がこのユニットでは融合され、アニメの世界を紡ぐ役割の一つになる。昨年末に行われたTOHO animation RECORDS初のフェス『TOHO animation RECORDS the LIVE 2019 Winter』でもその世界を広げていた。

――TOHO animation RECORDS初のフェス、いかがでしたか。

立花綾香 今までワンマンしかやったことがなかったので、他の方とやれて楽しかったです。

NIKIIE 私も楽しかったです。レーベルメイトという一体感もあって。

――お客さんによって引き出されたものは?

NIKIIE お客さんの熱量で自分たちから出てくるものも変わるのであの時もすごかったです。

立花綾香 1曲目とかドキドキしますよね。

NIKIIE そうそう。お客さんはどういう人たちだろうと出るまでは不安もあります。私達のことを知らない人もいたと思いますし。でも1曲目からすごく盛り上がったので安心しました。

――1曲目はNIKIIEさん、いなかったですよね。

NIKIIE 最初は2人で歌って、次に3人で歌って、私がソロ曲2曲歌って、新曲みたいな感じでした。2曲分お休みもあったから、より緊張しました。みんな入れ替わり立ち替わりなので、その間に緊張してしまう。

――一方、レーベルメイトとやって引き出されたものはありますか。

立花綾香 言葉にするのは難しいですが、いつもと違いました!

NIKIIE 確かに違いました! ステージに上がる前や下りた後に茶々を入れてくるんですよ。送り出してくれたり、来てくれたりするのでやっぱり嬉しいです。MCでも「今日はアットホームだね」という話がありましたが、みんなで応援し合う感じがあったから楽しかったです。

――観客も大盛り上がりだったので歌っている本人たちも気持ち良かったのでは。

立花綾香 単純に曲数が少なかったということもあって最初から最後まで全力で出し切れたというのもあります。ワンマンはワンマンの楽しさがありますし、フェスはフェスの良さもある。どれもやっぱり歌っていて楽しいです。

――ところで2人とも低い声が印象的ですね。

NIKIIE 実は、綾香ちゃんは私よりも高いんですよ。地声で到達するところが。

立花綾香 ほぼシャウトですけど。無理矢理に出しています(笑)。

NIKIIE 歌い方もあって、私は裏声とかを使うタイプなので、張って落としてという感じなんです。なので曲によってその割り振りに違いがあるのかなと思います。

――それぞれソロとしても活動されていますが、ソロとユニットでの違いは?

立花綾香 ユニットだと求められるものが違います。まずアニメ作品に寄り添うことが第一にあって、作品の色によって変えています。

NIKIIE ユニットの傾向としては、『サクラクエスト』を除いては割と男気を求められます。楽曲によって母性的なものもあるんですけど。

――では今回の「Welcome トゥ 混沌(カオス)」(ドロヘドロ)は男気が出ている?

立花綾香 ロック調だけど『Fairy gone フェアリーゴーン』のように死ぬ気で戦ってという感じではないと思います。

1/3ページ

最終更新:3/24(火) 19:44
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事