ここから本文です

15歳の誕生日迎える市川染五郎、声優初挑戦に不安も「どんな反応をいただけるか楽しみ」

3/24(火) 13:17配信

AbemaTIMES

 5月15日に公開されるアニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』の完成報告会が23日都内で行われ、声優を務めた歌舞伎俳優の市川染五郎(14)と女優の杉咲花(22)が出席した。

【映像】今月15歳迎える市川染五郎、緊張の面持ち

 この映画は、コミュニケーションが苦手で俳句でしか思ったことを口に出せない高校生のチェリーと、見た目のコンプレックスを克服できないスマイルの交流を描いた物語。

 声優初挑戦となる染五郎は「声優も映画も初めてなのでアフレコまではとても不安だったんですけど、その不安を乗り越えて作品が完成して、どんな反応をいただけるのかすごく楽しみです」と少し緊張した様子で語った。杉咲は同作について「すごく元気をもらえる映画。音楽もとっても楽しかったり、映像もポップでカラフルで、全体的にすごくポジティブな映画だなと感じて、きっと観てくださった方にもパワーを受け取ってもらえる作品になっているんじゃないかと思います」と期待を寄せた。

 チェリーを演じた染五郎は「チェリーは人見知りですが、俳句という自分が一番好きなものがしっかりあって、すごく情熱を秘めてる人だと思う。自分も歌舞伎は大好きでやってるので、そこで通ずる部分があったのかなと思います」と共通点を指摘。杉咲も、「スマイルは前歯が出ていることを気にしてマスクをしている子なんですけど、私も前歯が出ていてなんか共感できるなって。でもこの映画をラストまで見ていると、自分にとってコンプレックスとか、見られたくないって思う部分でも、誰かからすれば憧れだったり、素敵だよって思ってもらえたりするんだなっていうことを感じられて、スマイルやチェリーを通して私自身も勇気をもらえました」と思いを明かした。

 染五郎の父である松本幸四郎も映画を鑑賞したそうで「父も試写会には一人で行ってくれたみたいで『よかったよ』とは言ってくれました。母は泣いたって言ってましたけど、それは作品に対しての感想だと思うので」と照れくさそうに話した。

 イベントでは27日に15歳の誕生日を迎える染五郎にサプライズプレゼントとして、マイケル・ジャクソンの「ベアブリック」が贈られた。「部屋に飾りたいと思います。(マイケル・ジャクソンは)大ファンです」と喜んだ。また、高校入学を前に抱負を問われると「数学が苦手なので頑張りたいと思います。得意教科は英語です」と等身大で話した。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:3/24(火) 13:17
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事