ここから本文です

女子軽量級、よもやの“失神KO”に会場どよめき 放送席も「立てない、失神してる」

3/24(火) 17:49配信

AbemaTIMES

 3月22日にさいたまスーパーアリーナで開催されたK-1「K'FESTA.3」において、KANA(所属・ジムK-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が世界王者経験者のグロリア・ペリトーレ(イタリア)を相手に1R、女子軽量級とは思えない“失神KO”決着を披露。豪快な右フックを打ち抜いた瞬間、その衝撃的な結末に会場がどよめいた。

【映像】会場がどよめいた失神KO

 昨年、ライバルのヨセフィン・ノットソンとの2度目の対戦で久々の敗戦を経験したKANA。年末にリベンジを果たし、女子唯一のK-1王者を手にしたKANAに不足していたのが、KO勝利だった。KOアーティストとして無双ぶりを発揮していた時期から一転、1年半以上もKO勝ちから遠ざかっていたのだ。

 今回の対戦相手のグロリアは、ISKA女子世界-53.5kg王者という実績と実力の持ち主。ひと回り大きな相手とのスーパーファイトは、今後のKANAの試金石となるいわば力試しの一戦だ。試合は序盤から軽量級選手らしいスピード感溢れる攻防が展開された。両者ステップから攻撃の切り替えが目まぐるしい中、KANAがボクシングベースのグロリアの伸びのあるパンチを見極めながら、じわじわとプレッシャーをかけはじめる。

 試合の流れを変えたのが、腿を狙ったKANAの3発の右のロー。これが効き、軽快だったグロリアのステップにも陰りが見えはじめる。ミドルキックやバックブローなどで応戦したグロリアだったが、KANAが叩き込むボディを明らかに嫌がっていた。

 その時だった、首相撲の攻防を経た一瞬の隙を見逃さなかったKANAが、振り回すような強烈な右フックを一閃。脳が揺れたグロリアが必死で掴みにかかるが、KANAが狭い距離でボディ、完全に空いているグロリアの顔面に強烈な右フック。一階級上の世界女王が大の字で倒れ込み失神した。

 女子軽量級の選手とは思えない余りに鮮烈な一撃に会場はどよめき、AbemaTVの視聴者からは「木村ミノル並のパンチ」「アゴに入ったね」「女子で失神KOはヤバい」など驚きのコメントが多数寄せられた。また解説を務めたK-1のレジェンドである魔娑斗はその瞬間「これは立てない、失神してる」と驚きを隠せない様子で話すと「女子だけど殴られたくないですね」とポツリ。ゲスト解説の長嶋一茂も「ホントですね」と反応するほどの衝撃的な光景だった。

1/2ページ

最終更新:3/24(火) 17:49
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事