ここから本文です

中日・与田監督が4月24日の開幕目標に「しっかり準備」ナゴヤ球場&ドームでミニキャンプ

3/24(火) 12:02配信

中日スポーツ

 開幕が再び延期され、練習試合も大幅に休止となったことを受け、中日の与田剛監督(54)は23日、球団を通じて「4月24日の開幕を目標に、これからしっかり準備をしていきたいと思います」とコメント。また選手会長の京田陽太内野手(25)は「選手の一人として、決められた日程の中で開幕へ向けて準備していくだけです。ファンのみなさんの前でいいプレーを見せられるように、しっかりと練習していきます」と語った。

【写真】荒木コーチの『紙』対応

 長くなった準備期間は、名古屋でじっくりとやることになる。12球団代表者会議などに出席した加藤宏幸球団代表(61)は、試合がなくなった期間の練習について「他の球団もミニキャンプみたいなのをやった方がいいのではと言っていた。ウチでいえばナゴヤ球場かナゴヤドームで、ちょっと特別な練習をするということになるのでは」と話した。さらに「基本的には紅白戦とかになるかと思うし、2軍はそのままやるので、1軍の選手をそっちに出すかもしれない。練習試合を組んでほしいとなれば組むかもしれない。その時は距離の近い球団がいいかと思う」と続けた。

 与田監督は「実戦練習がどこまでできるかは各球団との相談になっていくと思いますが、2軍の試合をうまく活用したりして、選手たちの体調管理をこれからしっかりやっていきます」ともコメント。

 2軍戦を活用し、状況次第では新たな練習試合の設定を模索するかもしれない。

最終更新:3/24(火) 12:02
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事