ここから本文です

中国の飲食店「小日本の疫病が順調に長く続くよう祈る」…掲示に非難殺到、店長解雇

3/24(火) 18:15配信

読売新聞オンライン

 【瀋陽=東慶一郎】中国紙・新京報(電子版)などによると、中国遼寧省瀋陽市の飲食店が22日、日本や米国での新型コロナウイルス感染の拡大をからかう内容の掲示を行い、SNSなどで「道徳に反する」などと非難が殺到した。地元公安当局は、店側に掲示物を撤去させ、責任者らを調べている。

 掲示を行ったのは瀋陽市内でチェーン展開するおかゆの店で、「米国の疫病流行を熱烈に祝賀する」、「小日本(日本の蔑称)の疫病が順調に長く続くよう祈る」と書かれていた。

 店の運営企業は23日、「店長が勝手にやったことで、不適切な内容だった」と謝罪する声明を発表した。店長は解雇したという。インターネット上では、日本から中国にマスクが贈られた事実などを指摘して店側を非難する意見が多い。

最終更新:3/25(水) 20:29
読売新聞オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ