ここから本文です

リバプール注目のヴェルナーについてライプツィヒSD「いかなるケースも起こりえる」

3/24(火) 12:31配信

超WORLDサッカー!

RBライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(24)の去就についてスポーツ・ディレクターがコメントした。ドイツ『スカイ』が報じている。

【動画】卓球王は誰だ!? リバプールで頂点争い勃発!

2016年7月にシュツットガルトから加入し、今シーズンもブンデスリーガで25試合出場21ゴール7アシストの活躍を見せているヴェルナー。マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、バイエルン、バルセロナなど欧州ビッククラブの熱視線を集めており、有力視されているのがリバプールだ。



2月にヴェルナーは、リバプール入りの噂について問われ「ドイツ人のユルゲン・クロップという世界一の監督がいる。僕のプレースタイルはリバプールでも上手くフィットすると思う」とコメントしており、リバプール行きに魅力を感じていることをほのめかしていた。

ライプツィヒのスポ―ツ・ディレクターを務めるマルクス・クレシェ氏は、ドイツのテレビ番組『Sport1』で、ヴェルナーの移籍がどのように進むか現時点では断言できないとコメントした。

「いかなるケースも起こりえる。移籍がどのようになるかはわからない」

「我々はとても霧の濃い水晶玉を覗き込んでいる状況だ 。ヴェルナーがどのようになるのか、他クラブにどんな選択肢があるのかはわからない」

一方で、ヴェルナーの目覚ましい活躍が、他クラブの興味を惹きつけていることは認めている。

「ヴェルナーの素晴らしいパフォーマンス、また、ゴールやアシストが他クラブから注目を集めているのは明らかだ」

それでも、現在世界中で大流行している新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でリーグ戦が中断。そのため、ドイツのみならず各国のクラブの移籍計画に大きな影響があると語った。

「イングランドもドイツと同じくコロナウイルスの問題を抱えている。スポンサーがいるからといって、違うことをするのは間違っている。スポンサーにも財政的な負担がある」

「この危機は1つの業界だけでなく、世界中に影響を及ぼしている。今は現在のヴェルナーの価値が、6カ月間変わらないかどうかは、今は予測できない」

超WORLDサッカー!

最終更新:3/24(火) 16:07
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事