ここから本文です

【ホットな四輪駆動SUV】フォルクスワーゲン ID.4 GTX 初の電動パフォーマンスモデルを開発中

3/24(火) 11:50配信

AUTOCAR JAPAN

初の電動パフォーマンスモデル

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)


フォルクスワーゲンの最高技術責任者、マティアス・ラーベは、同社初の電動パフォーマンスモデルのベースとして、全長4.6mのSUV、ID.4を選択したたことを明らかにした。

【写真】VW ID. 3、ID.クロス、ID.スペース・ビジオン、ID. 4【ID.モデル比較】 (42枚)

その理由については、四輪駆動を活用するためと述べている。

AUTOCARが以前報じたように、VWはさまざまなホットIDモデルにGTXバッジの導入を予定している。

ゴルフサイズのID.3が、スポーツモデルとして選ばれるのは自然な流れと思われるが、ラーベはVW初のホットEVは、ID.クロス・コンセプトから生まれた2つのSUVのうちの、1つとなると述べている。

既存のGTI、GTD、GTEブランドとデザインを共有する、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドのGTXバージョンについては、ラーベからコメントを得ることは出来なかった。

しかし、パフォーマンス電動モデルの最初のシリーズのベースが、ID.4となることについては認めている。

四輪駆動の必要性

ラーベは、初の電動パフォーマンスカーは、昔からのGTIファンとは「異なるカスタマー」を引き付けるだろうと述べている。

ID.3ハッチがシングルモーター、後輪駆動なのに対し、四輪駆動と、追加のパワーを提供するツインモーターのセットアップで提供される、ID.4の採用は「理にかなっている」と、ラーベは言う。

「現時点では、パフォーマンスバージョンには四輪駆動が必要です」

「最近、(ID.4 GTXの)コンポーネントテストモデルを運転しました。レスポンスが非常に良く、素晴らしいドリフトを行うことができます」

「コントロールが簡単で、思い通りのドライビングが可能です」と、ラーベは述べている。

ID.4の最初のモデルには、リアマウントモーターから、最大204psと31.6kg-mのトルクを提供する、後部駆動パワートレインの搭載される。

その後、ユニット総合で306psと45.9kg-mを出力する、フロントマウントモーターが追加された四輪駆動モデルが続く。

さまざまなバッテリーサイズで提供され、航続距離は最大のもので約500kmとなる。

1/2ページ

最終更新:3/24(火) 11:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事