ここから本文です

みずほ銀行、最短1分で住宅ローンの借入ができる確率を算出する「AI事前診断」

3/25(水) 15:00配信

MONEYzine

 みずほ銀行は3月23日、AI(人工知能)を活用したネット住宅ローンの簡単診断「みずほ AI事前診断」の提供を開始した。

 従来、住宅ローンの正式審査の前に行われる事前審査では、結果が出るまでに通常2~3日程かかっていた。今回スタートした「みずほ AI事前診断」では、登録から最短1分で、希望の金額での借入ができる確率を確認することが可能になる。

 このサービスは24時間利用でき、みずほ銀行の口座がない人も利用できる。必要書類がそろっていなくても、条件が確定していなくても診断が可能。条件を変更して何度でも診断できるほか、正式審査の申し込みをする場合は、事前診断で入力した情報が引き継がれるため、入力の手間も軽減される。

 「みずほ AI事前診断」の開発にあたって、みずほ銀行は高度な数理技術を活用したコンサルティングを展開する、みずほ第一フィナンシャルテクノロジーと2018年10月に実証事件を開始して、AIを使った住宅ローン審査業務のスピードアップを図ってきた。

 また、検討段階での入力負担の軽減を目的に、従来の事前審査に比べ入力項目を約60%減らし、同じ条件の場合、人による審査の結果とほぼ同等の診断結果が出せるように審査モデルを確立し、高精度のシミュレーションを可能にしている。

最終更新:3/25(水) 15:00
MONEYzine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事