ここから本文です

東京五輪延期に「あきらめ」顔も… 広島の聖火ランナー「次へ向けて頑張らないと!」

3/25(水) 12:10配信

テレビ新広島

広島ニュースTSS

東京オリンピック・パラリンピックの延期が決定し、広島でも「仕方がない」といったあきらめの声が多く上がっています。

【街の声】
「しょうがないかなと思います。こういう状況ですし」
「残念ですけど、やはり国民の健康と安全が一番ですので」
「観る側としては延期になるのはいいと思うけど選手の方々がここに合わせてきていると思うのでそれがどうかなと思う」
「来年、世界が1つになって楽しめたらいいかなと思います」
広島の聖火リレーは5月に12の市や町をめぐる予定でしたが、中止となりランナーからはとまどいの声が。
【最高齢の聖火ランナー:三次市・冨久正二さん】
「一瞬、崖から飛び降りた感じだったですけど、時間が経って、今すっかりそうゆうことは抜けて次へ向かって頑張らないといかんと…」
【1964年東京五輪出場の中谷雄英さん】
「僕としたら僕が決めるわけではない従うわけですから。ただ1年のちになると実際に僕がそのままランナーになるかどうか分からないですよね」
一方、広島市の松井市長は…
【広島市・松井市長】
「広島の心を発信する絶好のチャンスととらえていろんな形で平和の発信とスポーツの祭典とのコラボを工夫できないかと進めてきた準備が当面実を結ばない状況になりましたので非常に残念に思っております」

広島ニュースTSS

最終更新:3/25(水) 13:14
テレビ新広島

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ