ここから本文です

豊和工業が開発した新小銃 防衛省に30年ぶり採用 生産工程見直し増産対応 5月に設備導入

3/25(水) 6:05配信

中部経済新聞

 工作機械メーカーの豊和工業(本社清須市)は、開発した小銃が防衛省に採用されたことを明らかにした。防衛省に新小銃が採用されたのは約30年ぶり。今後、生産コストを削減するため、生産の効率化を進める。生産工程の見直しや単純作業のロボットへの置き換えを実施するほか、5月に新たな生産設備を導入する。効率化によって生産能力を3割引き上げる。

最終更新:3/25(水) 6:05
中部経済新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事