ここから本文です

【2020年F1メカ解説】トップ3チームで考え方が分かれた……2020年F1マシンのサスペンションレイアウト

3/25(水) 17:15配信

motorsport.com 日本版

 今のF1のトップ3チームであるメルセデス、フェラーリ、レッドブル。彼らはそのマシンのフロント部分で、それぞれ異なるアプローチを示した。ステアリングアッセンブリー、サスペンションアーム、ヒーブダンパー……それらの配置について、各チームが独自のレイアウトを採用してきたのだ。

F1メカ解説|2020年F1開幕戦オーストラリアGP初日ピットレーン直送便

 この記事では、これらのチームが何をしてきたのか、パフォーマンスをわずかでも向上させるために何をやってきたのかを分析していくこととする。

■メルセデスがやったこと

 今やどのチームも、サスペンションをコントロールして、空力性能を向上させるようにしている。メルセデスは、10年前にF1に復帰して以来、この分野での先駆者となっていた。

 2020年シーズンに向けては、DAS(二重軸ステアリング)を登場させ、テストでの話題をさらった。メルセデスはこれを取り付けるために、バルクヘッドとサスペンションのデザインに変更を加えた。

 その形状は昨年型とは大きく異なっており、左右のラック&ピニオンは非対称である。そのため、DASの油圧制御ユニットが内包されているかもしれない。

 しかしこのシステムのサイズ、そして重量増を考えれば、それを正当化するだけのパフォーマンス上でメリットがあるということなのだろう。

■フェラーリの異なる選択

 フェラーリは、トップ3チームの中でフロント部分の最適化について、最も保守的なチームと言える。大胆な変更を行なって失敗するよりも、デザインを継続し、セットアップが容易であることを優先させているようだ。

 現在のフェラーリのフロントサスペンションデザインは、2017年に端を発する。同チームのサスペンションアッセンブリーは、カバーを外せばすぐに見えるようになっており、セットアップ変更を容易に行なうことができる。

 SF90のフロントエンドのデザインは、今年のマシンとほとんど同じだ。しかしパッケージを最適化するために、小さな変更が加えられている。

 フェラーリはフロントサスペンションの性能は十分であると判断。過去数シーズンにわたって、マシンの他の部分の開発を重視するようになった。

■レッドブルの独自デザイン

 レッドブルは2020年シーズンを、メルセデスとの差を縮める絶好の機会だと考えていた。そしてそのために、アグレッシブなフロントサスペンションレイアウトを実現している。

 ステアリングアッセンブリーは、シャシーの内部に収められ、ステアリングアーム(3)もそれに伴って、後方に配置されている。このレイアウトにより、ロワウイッシュボーンの後脚と効果的にリンクされている。

 このロワウイッシュボーンはマルチリンクの一部を成しており、特に前脚はバルクヘッドを横切るような形で逆サイドに伸び、左右のアームが一体型となっている。

Giorgio Piola

最終更新:3/25(水) 17:15
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事