ここから本文です

「広島の冬の味覚」が自動販売機で…養殖業者の新たな挑戦

3/25(水) 19:50配信

テレビ新広島

広島ニュースTSS

広島の冬の味覚が「前代未聞」の方法で販売されます。アッと驚くその販売方法とは…。

【加藤アナ】
「たけはら海の駅にある、この大きな物体、一体何なのでしょうか?」
この日、ついにベールを脱いだこの自動販売機…
「こちら自動販売機ということなのですが、イメージする一般的なものとは大きく違う気がします。大きな画面とそして小さな画面の2つ、さらにこちら、ICリーダーでしょうか」
この自動販売機を設置したのは、大崎上島で養殖業を営む鈴木隆社長です。
【ファームスズキ・鈴木隆社長】
「2年くらいかかったのでやっと形になったなと…」
鈴木社長が一昨年から思い描き、ついに実現にこぎつけた自動販売機で売られるのは…
プリップリの生牡蠣!大崎上島にある塩田跡地の池で養殖された、まさに「珠玉の逸品」ともいえる牡蠣は水揚げ後、すぐに瞬間凍結することで獲れたての味がそのまま維持されています。
【加藤アナ】
「いただきます。ウフフ…おいしい…」
【鈴木社長】
「これが自動販売機に並びます」
さらに、取り扱うのはもう1つ、ピッチピチの車エビです。
【加藤アナ】
「鮮度が違いますよね。いただきます~、うまい!」
この新鮮な食材を「前代未聞」。おそらく「日本で初めて」となるツールで、「インバウンド」向けにアピールしたい狙いだといいます。
【鈴木社長】
「IOTの技術がすごく進んでいるので自動販売機といってもそこに動画を載せることによって実際どうやってカキやエビが育っているのか、お客さんにダイレクトに伝えることもできるし、広島といったら牡蠣なのでそれを通じて広島という場所が同時にPRできたら一番いいなと思う」
「たけはら海の駅」の設置された「1号機」。
【鈴木社長】
「(Q加藤アナ購入)これは上で食べられる」
また、自宅に持ち帰る場合は保冷バッグを売店で購入することもできます。
この「自動販売機」は今週土曜日から稼働予定で、この先、年内に、広島市内と東京都にそれぞれ1台が設置され、海外にも2台置かれる予定だということです。

広島ニュースTSS

最終更新:3/25(水) 19:50
テレビ新広島

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ