ここから本文です

大相撲千秋楽、視聴率“急落”の原因は八角理事長!?

3/25(水) 16:56配信

夕刊フジ

 【俺とデスクの座談会】

 デスク「日本相撲協会の八角理事長(56)=元横綱北勝海=が再選されたな。もう3期目か」

【写真】八角理事長から賜杯を受け取る白鵬

 相撲担当記者「コロナ禍に襲われた春場所でも、無観客開催の陣頭指揮を執って無事に終えましたね」

 デスク「だけど、22日の千秋楽を中継したNHK総合の視聴率は12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)って、近年見たことないような低さだぞ」

 記者「相撲協会は『外出ができず在宅率も高いから』と高視聴率を期待していたようですが…。勝った方が優勝だった結びの一番、白鵬対鶴竜の午後5時15分が瞬間最高で18.2%。ところが、八角理事長の協会あいさつの頃には12%台まで下がり、最後の15分は1ケタ台でした」

 デスク「45分も余ったら仕方ないわな」

 記者「千秋楽は表彰式があるので、いつも進行は早いんですが、今場所はさらに15-20分も早かった。幕内土俵入りが3時5分ですから」

 デスク「優勝決定戦の可能性もなかったのに、なんでそんなに早めたんだ?」

 記者「5時半から日本テレビ系の『笑点』が始まるから、チャンネルを替えられる前に、八角理事長のあいさつを終わらせたかったんじゃないですか」

最終更新:3/25(水) 18:58
夕刊フジ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ