ここから本文です

新型コロナ、動画画質にも影響するのか…YouTubeが、30日間の画質引き下げへ

3/25(水) 19:00配信

ギズモード・ジャパン

そうなるよね。

新型コロナウイルスによるパンデミックで、感染を防ぐため外出禁止となっている地域は少なくありません。お家にいたら見ちゃうよね、YouTube。というわけで、利用者増加によるネット停滞を防ぐため、YouTubeが動画の画質を全世界で引き下げることを発表しました。

YouTubeの画質引き下げは、アメリカ現地時間火曜日(日本の本日水曜日)から順次スタートで、全世界が対象エリアとなります。期間は30日間を予定。画質のデフォルトが、HDからSDになります。手動でHDに切り替えることはできるものの、コロナパンデミック中のシステム負荷を軽減させるのが目的なので、切り替えは自粛をお願いしたいところ。

米Gizmodo編集部の取材に対して、Google担当者は以下のコメントで返答。「各国政府やネットワークオペレーターと密に連携をとり、予期せぬ現状の中、システムの負荷を軽減させるために我々のやるべきことをやっていく」「先週、EUでの一時的なYouTube画質引き下げを発表したが、世界の危機的状況を鑑みて、この処置を拡大した」

先週、NetflixもEUでの30日間画質引き下げを発表しており、これによってヨーロッパでのNetflixトラフィックは25%減になる見通し。これに加え、オーストラリア、インド、ラテンアメリカの一部でも同じくトラフィック25%削減を実施。

YouTubeやNetflixの判断を受け、今後、ほかの大手ストリーミングサービス(Hulu、Disney+、AmazonPrime Videoなど)が、似た対応をとる可能性は十分に考えられます。また、各社のその対応が、YouTubeだけでなく地域限定から世界規模に広まる可能性も多いにあり。

動画見るなとは言ってませんからね。むしろめっちゃ見てます。どうぞいつもより見てください。ただ、今はちょっと画質は我慢しましょ。

そうこ

最終更新:3/25(水) 19:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事