ここから本文です

3週間ぶり元気な声響く! 校庭・体育館を開放 長野市内の小中学校 運動不足とストレス解消に

3/25(水) 21:12配信

NBS長野放送

長野放送

 学校の校庭にも元気な声が戻ってきました。長野市内の中学校では、約3週間ぶりに、校庭や体育館を開放し生徒たちは、のびのびと体を動かしていました。

 青空のもと、サッカーを楽しむ生徒たち。長野市の更北中学校は、今月3日の臨時休校以降、校庭や体育館の利用を自粛していましたが、きょう25日から3日間、開放することになりました。

生徒:
「外出は控えていました。(遊ぶのは)やっぱり楽しかった」

 おととい、長野市教委は、市内の小中学校に感染予防対策をとった上で児童・生徒の運動不足やストレス解消のため、校庭や体育館を開放するよう通知しました。

生徒:
「(家では)テレビ見たりゲームをしていた。友達と遊べるし体を動かしたくて来た」

 更北中学校では密集を避けるため、クラスごとに時間を分けて施設を開放することにしています。

更北中学校・竹村昭浩校長:
「5分くらい休憩をとってその間に、うがい・手洗いをするような対策をとっている。ストレスの解消といいますか健康の保持という意味で利用してもらえれば」

長野放送

最終更新:3/25(水) 21:12
NBS長野放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ