ここから本文です

【JRA】グランアレグリア藤沢和雄師「前走内容はとても感動」/高松宮記念共同会見

3/25(水) 19:30配信

netkeiba.com

■藤沢和雄調教師

(前走の阪神C・GII・1着を振り返って)
「休み明けが多い馬ですが、初めて古馬との対戦でしたし、距離もまた1600mから1400mになって幾分忙しいかなと心配していたのですけど、競馬は素晴らしい内容でとても感動していました」

【写真】グランアレグリアこれまでの軌跡

(直線での反応は?)
「斤量(54キロ)も軽かったのですけど、最後の100mくらいは素晴らしかったと思います」

(休み明けの影響はなかった?)
「桜花賞も休み明けで前走も休み明けでしたし、新馬戦も勝たせてもらったように、すごく気の良い馬で調教しやすい馬ですから」

(前走後の調整について)
「前走後は牧場に帰って調整してきました」

(池添騎手が初めて乗った1週前追い切りについて)
「単走で、時計は遅かったのですけど、上手に折り合ってたので安心しています」

(池添騎手はどんな感想を?)
「敏感そうな素晴らしい馬だと褒めて頂きました」

(今朝の最終追い切りは?)
「休み明けですが、随分勘の良い馬で気が乗ってきましたし、今日は坂路の方で馬なりで調整しておきました。いつもと変わらず良かったと思います」

(休み明けに実績があるが、3ヶ月少々あく今回は?)
「時期もちょうど暖かくなってきたし、輸送もあるので、頑張ってくれると思います」

(1200mの距離については?)
「今回は1200mが得意な馬たちがたくさんいますし、この馬は桜花賞馬ですから、200mずつ短くしてきたのですけど、上手に対応できるかなと思っています。何とか頑張ってもらいたいです」

(中京も初めてになるが?)
「東京デビューだったのですけど、阪神に行ったり、何回も輸送してるので、その辺は問題ないと思います」

(雨予報が出ているが?)
「どのくらいの量なのか心配ですが、グランアレグリアは前向きな馬なので、重い馬場もこなしてくれると思います」

(意気込みを)
「速い馬たちがたくさんいる中でどういう競馬をしてくれるか少し心配ですが、素晴らしい馬なので応援してください」

(取材・文:佐々木祥恵)

最終更新:3/25(水) 19:30
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事