ここから本文です

初音ミクが初めて悪役に挑む、超歌舞伎「御伽草紙戀姿絵」題材は土蜘伝説

3/25(水) 20:00配信

ステージナタリー

4月12日から19日まで行われる「ニコニコネット超会議 2020」にて、超歌舞伎「御伽草紙戀姿絵」が生放送される。

「御伽草紙戀姿絵」は、土蜘伝説を題材にした新作。源朝臣頼光と袴垂保輔の2役を中村獅童、傾城七綾太夫実は将門息女七綾姫を初音ミクが勤めるほか、山姥茨木婆を中村蝶紫、平井保昌を澤村國矢が演じる。なお初音が超歌舞伎で悪役を演じるのは、今回が初めてのこと。

劇中では、NTTの最新技術・スタイル変換技術を使用した演出が、クライマックスシーンで“超越の術”として披露される。公演は4月18・19日に千葉・幕張メッセ国際展示場 イベントホールにて無観客で行われ、その模様がニコニコ生放送で配信される。視聴は無料。また超歌舞伎の5周年を記念し、14日から17日までの期間、毎日過去公演を振り返る生放送が実施される予定だ。こちらも併せてチェックしよう。

「ニコニコネット超会議 2020」2020年4月12日(日)~4月19日(日)

超歌舞伎「御伽草紙戀姿絵」
2020年4月18日(土)・19日(日)

脚本:松岡亮
演出:藤間勘十郎
劇中曲:「ロミオとシンデレラ」(作詞・作曲:doriko)
出演:中村獅童、初音ミク、中村蝶紫、澤村國矢 ほか

※2020年4月9日追記:超歌舞伎「御伽草紙戀姿絵」の生配信は、新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

最終更新:4/9(木) 15:35
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事