ここから本文です

フランス在住の中村江里子アナ、外出禁止令下の自宅で驚いた夫の発言 現地状況も報告

3/25(水) 16:30配信

スポニチアネックス

 元フジテレビのフリーアナウンサーで、フランス在住の中村江里子(51)が24日に自身のブログを更新。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外出禁止令が出されているフランスでの生活について報告した。

【写真】世界中に広がる新型コロナウイルス…人通りが少なくなったニューヨークのタイムズスクエア

 外出禁止となって1週間が経ったフランス。17日に更新したブログでパリから約1時間の田舎町に避難したことを伝えた中村アナはこの日のブログで「当初の予定では2週間となっていましたが…多分、さらに長くなるのではないでしょうか?」と書き始めてから、フランス人の夫との遣り取りを明かした。

 「昨日、夕食中に彼が一言。“あ~~1週間たったけど、あなたに離婚って言われなくて良かった!!”」と夫の言葉を紹介。中村アナと子供たちも、夫の発言に「?」だったが、夫は「こんな風に朝から晩まで家から出ないで家族だけで過ごすなんて、初めてのことだし、イラついたりすることもあるけど、まずは無事にママに嫌がられずに一週間たったね。頑張ろう!!」と語ったそう。

 「あ~~なるほど。我が家は結婚当初から彼は出張が多いですし、パリにいても普段の生活だったらそれぞれの仕事があり、ほかの人とのかかわりがあり、子供たちも私たちもそれぞれのリズムがあり、それが上手くバランスが取れているのですが、一気に家に家族でこもる生活となれば…これまでに体験したことのないことなので、確かに喧嘩が増えてしまうかも?とか相手の行動にイラついてしまうといったこともあるかもしれません」と夫の発言真意について自身の解釈を記した。

 フランスの様子について「食べ物は問題なく購入できます」と報告。「子供たち、ウェブでの授業、楽しんでいます」と子どもたちの近況も伝えた。

 一方で「先日、フランスで初めてドクターが亡くなられました。ご家族は“父を誇りに思います”とインタビューに答えられていました…とても悲しいニュースで…」「マスクはやはりネットで高額になっているようです。さらに入荷待ちの状況とニュース番組で取り上げていました」と厳しい現実も伝えた。

最終更新:3/25(水) 17:53
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ