ここから本文です

新型コロナの被害に遭うユヴェントス バレンシアの20歳MFを狙う?

3/25(水) 6:50配信

SPORT.es

DFダニエレ・ルガーニやMFブレーズ・マテュイディ、FWパウロ・ディバラが新型コロナウイルスに感染し、その影響を受けているユヴェントスだが、クラブの幹部達は選手補強へ働き続けているようだ。

外出できない人々へ...バルサDFピケ、話題の“チャレンジ”に参加

「Tuttosport」によると、チームの若返りを狙う幹部達は、すぐにインパクトを与えることができるプレイヤーを探しており、 バレンシアの20歳MFフェラン・トーレスにこの夏の補強候補として目を向けているようだ。

同選手はラ・リーガで今シーズン最も成長したプレイヤーの1人であり、今季ここまでラ・リーガ25試合、チャンピオンズリーグで6試合に出場し、主力選手の一人として活躍している。そんな同MFは、バレンシアとの契約が2021年に終了するが、現在は更新の交渉が停滞している。

クラブは、更新を提案しているものの、フェラン・トーレスの代理人は、市場で人気のあるプレーヤーであることを熟知しており、移籍を推し続けている。

フェランは、契約を更新せず、2021年の夏に無料で移籍するオプションもあります。しかし、その場合同選手は来季、ベンチやスタンドで過ごすことになる可能性もある。

また、「Tuttosport」によると、ユーヴェの補強候補リストに載っているのは、フェラン・トーレスのほかにマンチェスター・シティのブラジル人FWガブリエル・ジェズスも挙がっているようだ。

最終更新:3/25(水) 6:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事