ここから本文です

国文学の専門出版社のおうふうが破産開始決定

3/25(水) 10:46配信

東京商工リサーチ

SNSなどで廃業を惜しむ声があがっていた

 (株)おうふう(TSR企業コード:290748798、法人番号:9010001013066、千代田区神田神保町1-54、設立1993(平成5)年5月、資本金4900万円、坂倉良一社長)は3月18日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には村上義弘弁護士(桜川綜合法律事務所、港区虎ノ門2-3-20、電話03-5501-7160)が選任された。
 負債総額は債権者10名に対して4億7000万円。

 辞典や著作集など国文学を中心に手掛け、学術出版社として知られていた。研究者や学生向けに地盤を持ち、1991年7月期は売上高約5億4300万円をあげていた。しかし、出版不況などから販売が落ち込み、2012年7月期は売上高約3億円にとどまっていた。

 以降も業況は改善せず、2020年2月に取次や書店に廃業を通知し、事業を停止していた。

最終更新:3/25(水) 10:46
東京商工リサーチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事