ここから本文です

【続報】痩身効果等を標榜する「金剛筋シャツ」を販売していたGLANd、破産

3/25(水) 10:30配信

帝国データバンク

消費者庁から景品表示法に基づく措置命令を受けていた

 (株)GLANd(TDB企業コード:923020528、資本金50万円、東京都渋谷区渋谷1-7-5、代表清算人鈴木規央弁護士)は、3月18日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は山口亨弁護士(東京都新宿区荒木町1-22、ティーエフ法律事務所、電話03-5363-3315)。債権届け出期間は4月22日まで

 当社は、2017年(平成29年)4月に設立。一般消費者向けに、自社ウェブサイトにて、着るだけで加圧の力でカラダを引き締め、痩身効果や筋肉増強効果があるとする「金剛筋シャツ」「金剛筋レギンス」「鉄筋シャツ」などを販売。お笑い芸人が出演する関東のローカルテレビ局の企業・商品紹介番組で、当社の「金剛筋シャツ」が紹介されるなど相応の知名度を有し、2018年12月期には年売上高約32億8000万円を計上していた。

 しかし、当社商品が、あたかも着用するだけで短期間で容易に著しい痩身効果および筋肉の増強効果が得られるかのように示す表示をしていたとして、2019年3月22日に消費者庁から「対象商品が景品表示法に違反するものである旨を一般消費者に周知徹底すること」「再発防止策を講じて、これを役員および従業員に周知徹底すること」「今後、表示の裏付けとなる合理的な根拠をあらかじめ有することなく同様の表示を行わないこと」など景品表示法に基づく措置命令を受けていた。その後、同年6月30日株主総会の決議により解散。8月28日には消費者庁から4807万円の課徴金納付命令を受け、11月1日に東京地裁より特別清算開始命令を受けていた。その後、特別清算手続きを進めるなかで、債権者との協議をした結果、破産手続きを進めることのほうが最良と判断し、今回の措置となった。

 負債は約1億6800万円。

最終更新:3/25(水) 10:30
帝国データバンク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事