ここから本文です

熊代 聖人(今治西出身)らを育てた、大野 康哉監督が「夏将軍」・松山商への異動決まる

3/25(水) 18:30配信

高校野球ドットコム

夫婦で寮に住み込み、名門復活を目指す

 四国4県の教育委員会は3月20日(金・祝)の高知県を皮切りに、同22日(日)香川県、同24日(火)徳島県、同25日(水)愛媛県の順で2020年4月1日(水)からの公立高等学校教職員異動を発表。

【動画】強豪・今治西が実践する、インターバル走に迫る!

 その中で愛媛県では今治西での15年間で春6回・夏5回の甲子園出場に導き、2007年には熊代 聖人(埼玉西武ライオンズ)らを擁し秋田国体優勝を成し遂げている大野 康哉監督が、甲子園春20勝(16回出場・全国制覇2回)夏60勝(26回出場・全国制覇5回)の輝かしい実績から「夏将軍」の異名を持つ日本高校野球の名門・松山商へ異動。同校野球部監督となることが決まった。

 この異動を受け「高校野球ドットコム」の電話取材に応じた大野監督は「松山商は19年間(2001年夏甲子園ベスト4)甲子園に出られていない現状があるので、甲子園出場へ向けて頑張りたい」とコメント。同時に近年、松山商野球部監督の伝統となっている同部寮・同窓会館「さくら寮」寮監として夫婦で住み込み、部員たちと文字通り寝食を共にして名門復活に尽力することを明言している。

 これに対し、初の松山商OB外監督として川之江から2009年4月に赴任。同年8月からは監督として10年半を闘い、堀田 晃(西濃運輸)らを育てた重澤 和史監督は今治北へ異動。「松山商ではなかなか成績を残せず悔しい思いはあるが、次の舞台で頑張りたい」と想いを話している。

 その他、愛媛県では日本生命の4番・越智 達矢を丹原で育てた仙波 秀和監督が今治西監督へ。「大野監督が残したことをベースに今の野球に合ったものを積み上げていきたい」と2015年春夏甲子園出場から遠ざかる母校復活への意気込みを話す温厚篤実な将の、藤井 秀悟(元ヤクルトスワローズなど・現:横浜DeNAベイスターズ打撃投手)とバッテリーを組んだ時のような好リードに期待したいところ。

 さらに今治北の青野 誠監督は丹原へ。2015年のセンバツでは大野監督の代行監督として甲子園1勝をあげた新居浜商・黒木 太雄部長は、大洲への異動が決まった。

1/2ページ

最終更新:3/25(水) 18:30
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事