ここから本文です

期間延長が認められなかったミシェル「もう一度検討していただけたら…」30勝まで「3」残る開催日はあと4日

3/25(水) 19:35配信

中日スポーツ

 南関東を中心に期間限定騎乗中のミカエル・ミシェル騎手(24)=川崎・山崎裕=が25日、あらためて4月以降の予定に言及した。

 ミシェルは「少なくとも4月は日本にいるつもり。日本のいろいろなところを回りたい」と話し、「ただ、(NARに期間延長の要望が通らなかった)決定は悲しい。(社台ファームの)吉田照哉代表も『がっかりしている』と聞きました。私の要望を(NAR)に受け入れてもらえたらいいなと思っています。何カ月も馬に乗れないのは悲しい。もう一度検討していただけたらと思います」と、改めて報道陣に複雑な心中を吐露した。

 そんな切なる思いとは裏腹に、この日のミシェルは絶好調だった。8鞍に騎乗し2勝2着4回の大活躍。地方競馬通算勝利数を27にまで伸ばした。「ものすごくいい1日でした。毎日こうならいいのになと思います」と、大満足の様子だった。26日も浦和競馬で8鞍に騎乗予定。残された開催日はあと4日。30勝の大台まであと“3”に迫っている。

最終更新:3/25(水) 19:35
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事