ここから本文です

4月世界戦延期のボクシング中谷潤人 新型コロナ対策に自家製消毒薬 製造機を「レンタルで手に入れていて。ラッキーでした」

3/25(水) 20:32配信

中日スポーツ

 ボクシングのWBOフライ級3位で、4月4日に予定されていた同級王座決定戦が新型コロナウイルス問題のため延期された中谷潤人(22)=M・T=が25日、相模原市の所属ジムで練習。各方面でマスク不足、消毒薬不足が問題になっているが中谷は自家製の消毒スプレーを活用しているという。

【写真】空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ

 「去年の10月に、消毒薬を作る機械をレンタルで手に入れていて。ラッキーでした」と、中谷。同市内で、家族で故郷三重県の名物料理トンテキの専門店「とん丸」を営む。消毒薬製造機はその店で導入したものだが、思わぬ状況にフル回転。ジムでもサンドバッグなどの消毒に使っている。もちろん、ジムも常に窓を開け空気の流れを作るなど対策をとっている。

 同級1位マグラモ(フィリピン)との王座決定戦は大規模な興行が行えるようになり次第、行われる予定だ。「練習しすぎても免疫力が落ちる。これからはイメージトレーニングを重視し、いつ決まってもいいようにしていきます」と、中谷は表情を引き締めていた。

最終更新:3/25(水) 20:32
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事