ここから本文です

収入を増やすのは残業? 副業? 転職? それぞれのメリット・デメリット

3/25(水) 20:15配信

LIMO

「今の給料に満足していますか?」と聞かれて心の底から「はい」と言える人は、あまり多くはないのではないでしょうか。具体的な不満を抱いていない場合でも、できればもう少し収入が欲しいと思っている人が大半のはずです。

収入を増やすために有効な方法として考えられるのは、残業や副業、転職などですが、これらの方法は実践するハードルの高さや見込まれる収入の増額分に差があります。

そこで今回は、残業・副業・転職の3つの方法を比較して、それぞれのメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。

現在の収入に満足している人の割合は?

2018年に明治安田生命が行った『「家計」に関するアンケート調査』によると、現在の給与に「満足していない」と回答した人が54.6%と半数を超えており、「満足している」と回答した人14.3%を大きく上回っています。

給与に満足していない理由については、「貯蓄をするお金がない(少ない)から」が44.5%、「日々の生活が苦しいから」が43.7%と続いています。

このように、現在の給与に満足していない人には、収入を増やすために何かしらのアクションを起こす動機があると思われます。ただ、どのような方法で収入を増やすべきかで悩んでしまうのではないでしょうか。

実際に、現在の仕事内容・職種や、収入をどれぐらい増やしたいかによっても、取るべき選択肢は異なってきます。

残業で収入を増やすのは、会社の制度等で難しい場合も

雇用形態次第ではありますが、残業・副業・転職の中で、実践するハードルがもっとも低いのは残業ではないでしょうか。

本業以外の仕事先を見つける必要もなければ、今の職場をやめる必要もなく、仕事を終えて帰る時間を少し後ろ倒しにすればいいだけです。残業することで翌日にすべき仕事を前倒しで行えたり、スケジュール調整を行いやすくなったりするなどの利点も考えられます。

ただ、派遣社員や契約社員といった雇用形態で働いている場合は、業務時間が厳密に決められており残業することが難しいケースも多いでしょう。

また、最近はワークライフバランスの観点からも、ひと月あたりに残業できる時間に上限を設けている企業も多く、毎日終電直前まで働いて残業代を稼ぐというような働き方は減っています。

さらに、基本給の中にみなし残業代が含まれているような契約の場合も、残業することによる収入増の効果はあまり見込めません。

つまり、現在の雇用形態や雇用契約の内容によっては、残業で収入を増やすというのは現実的にはなかなか難しいと言えるでしょう。

1/2ページ

最終更新:3/25(水) 20:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事