ここから本文です

20年近く「テレワーク」を続けてきて思う、「テレワークが子どもに与える影響」

3/25(水) 18:45配信

LIMO

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、テレワークを取り入れる会社が増えました。そして今、テレワークが注目されていますが、フリーランスで働く筆者は、もう20年近くテレワークで働いています。

現在、子どもは高校生ですから、テレワークと子育ての時期はほぼ重なります。そこで今回の記事では、親のテレワークと子どもとの関係を筆者の経験を通して紹介していきたいと思います。

これまで一度も「出社」したことがない私

厚生労働省の「働き方・休み方改善ポータルサイト」ではテレワークが推進されています。テレワークとは、「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務(施設利用型勤務)」の総称としています。

今回はCOVID-19感染防止のために、テレワークをすることになった人も少なくありませんが、筆者はずっとテレワークをしていました。

どこかの会社の社員になったことがなく、ずっとフリーランスで働いていたからです。そのため「出社」「出勤」をしたことはありません。もう20年近くになるので、筆者の中では家で仕事をするのは当たり前。そうなると筆者の子どもも「母親が家でパソコンを前に仕事をするのは当たり前」と考えるようになりました。

「え?うちのお母さん、家で仕事しているよ」と普通に言う子どもたち

筆者の子どもたちは、生まれた時から母親が家で仕事をしているので、それが普通の働き方だと思っていた時期がありました。小学校に入り授業で職業の話になった時に「あれ? お母さんは家にいるぞ」と思ったのではないでしょうか。でも、それに対して「嫌だな」「変わっているな」と思うことはなく、「お母さんは家で仕事をしています」と言っていたようです。

ちなみに夫は会社員なので出社はしますが、やるべき仕事をすれば時間の管理は自由です。そのため夕方4時くらいに帰宅することもザラなので、「定時」という感覚がありません。そういう意味では、一般的なサラリーマン家庭とは仕事のやり方が違っていると言うこともできそうです。

1/2ページ

最終更新:3/25(水) 18:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事