ここから本文です

年金っていくらもらえるの?みんなの年金受給額とは

3/25(水) 19:16配信

LIMO

老後の生活を支える柱になるのが年金です。2020年にパワープランニング㈱が運営する『manewaka』が実施した『年金制度に関する意識調査』(2020年)によると、年金制度を「とても重要だと思う」人の割合は55.0%。一方、年金の内容を「あまり理解していない」人も48.6%に上りました。

「年金が重要だとわかっていても、内容を詳しく知らない」という人も少なくないようです。

年金の具体的な金額がわからないと、老後の生活がどんなものになるかイメージできませんよね。そこで、まずは「年金がいくらもらえるのか」について押さえておきましょう。

年金はいくらもらえるのか

公的年金の制度は、2階建て構造です。

1階部分は、国民年金。日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が対象です。
2階部分は、厚生年金。サラリーマンや公務員など厚生年金保険の対象者が加入します。

自営業やフリーランスなど厚生年金保険の対象にならない人は、国民年金のみがもらえます。
厚生年金保険に加入している場合は、国民年金と厚生年金の両方が受給できます。

厚生労働省の『令和2年度の年金額改定についてお知らせします』から、公的年金の受給例をご紹介します。

・国民年金(満額)受給者の場合…1人あたり月額6万5,141円
・厚生年金のモデル世帯…月額22万724円

厚生年金のモデル世帯とは、平均月収43万9,000円で40年間就業した世帯です。受給額は、1人分の厚生年金と2人分の国民年金を加算したものになっています。

一方、厚生労働省の『平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況』をみると、実際に厚生年金保険(第1号)受給者がもらっている年金の平均月額がわかります。

・厚生年金保険(第1号)受給者…月額14万5,865円(平成30年度末現在)

フルタイムの共働き世帯なら厚生年金がダブルでもらえるので、老後の安心度は高めでしょう。

1/3ページ

最終更新:3/25(水) 20:35
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事