ここから本文です

新型コロナ関連でアンジェスが一時ストップ高! 日経平均株価は大幅続伸

3/25(水) 7:20配信

LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は1204円高の大幅続伸、TOPIXは5日続伸

2020年3月24日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 18,092円(+1,204円、+7.1%) 大幅続伸
 ・TOPIX 1,333.1(+41.0、+3.2%) 5日続伸
 ・東証マザーズ株価指数 605.3(+45.1、+8.1%) 大幅続伸
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:1,748、値下がり銘柄数:394、変わらず:26
 ・値上がり業種数:29、値下がり業種数:4
 ・昨年来高値更新銘柄数:6、昨年来安値更新銘柄数:1
東証1部の出来高は22億5,686万株、売買代金は3兆6,191億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。米国株式相場は大幅安となったものの、各国が打ち出した経済対策を背景にリスクオンモードが一気に高まりました。

ただ、前日までに多く見られた見切り売りも少なくなったことから、結果的に売買代金は5日ぶりに4兆円を下回っています。それでも、買戻しを中心に3兆6,000億円は高水準であることに変わりはありません。

そのような中、日経平均株価は久々に爆騰と言える大幅上昇となりました。

寄り付きから高く推移して18,000円を巡る攻防が続きましたが、大引け直前に一時+1,212円高まで急伸する場面が見られました。

結局、終値も3月12日以来となる18,000円台回復となっています。ちなみに、終値の上昇幅(+1,204円)は歴代9位の大幅上昇でした。

なお、TOPIXも同じような値動きとなって5日続伸で引けています。ただ、上昇率は日経平均株価を大きく下回りました。これは、日経平均株価を構成する大型株への買戻しが圧倒的に優勢だったことを示唆しています。

東証マザーズ株価指数は大幅続伸、売買代金は4日連続で1,000億円を下回る

東証マザーズの出来高は8,284万株、売買代金745億円となり、いずれも前日より増加しました。前日よりは増えたものの、個人投資家の物色意欲が沈黙して盛り上がりに欠ける商いとなった結果、売買代金は4日連続で1,000億円を下回っています。

なお、暴落が続いた銘柄を買い戻す動きが堅調になった結果、株価指数は+8%超高の急騰となり、終値も600ポイントを回復しました。

1/2ページ

最終更新:3/25(水) 7:20
LIMO

チャート

ソフトバンクグループ9984
5161円、前日比+143円 - 6/2(火) 10:54

チャート

ファーストリテイリング9983
61910円、前日比+30円 - 6/2(火) 10:54

チャート

東京エレクトロン8035
22530円、前日比+75円 - 6/2(火) 10:54

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事