ここから本文です

美肌を保つにはまず「保湿」!薬剤師が教える正しいスキンケア

3/25(水) 20:15配信

All About

鏡に映った顔を見て、「何だか老けたなぁ……」と感じたことはありませんか? 20代の頃は特別なケアをしなくてもハリがあったのに、最近は何をやっても肌に元気が出ない……。そんなお悩みは珍しくありません。

お肌は年齢に合わせたケアをしないと急速に衰えていってしまいます。 ここでは、いつまでもきれいな美肌を保ちたい方のために、効果的なスキンケア方法を薬剤師が解説します。

◆脱・オバさん肌のキーワードは「保湿」

年齢を重ねると増える、顔の「しわ」「たるみ」、体の「かゆみ」「粉ふき」の悩み。これらの原因の一つが「肌の乾燥」です。 加齢とともに人間の肌は自然と水分や油分を失っていきます。オバさん肌を防ぎ、また、脱却するためには、加速していく肌の乾燥を食い止める必要があるのです。そのために不可欠なのが「正しいスキンケア」です。

◆オバさん肌を回避する正しいスキンケア

若々しい肌を保つためには毎日の正しいスキンケアが重要です。

▼たっぷりの泡で優しく洗う

肌の表面に付着した汚れや余分な皮脂を落とすために、洗顔は大切です。ただし、力任せにゴシゴシと顔を洗ったり、誤った洗顔をすると、肌に必要な水分や油分を奪ってしまう原因にもなります。 洗顔をする時は手を清潔にし、洗顔料をしっかり泡だて、たっぷりの泡で優しく洗いましょう。

また、洗顔後はタオルで叩くようにして水滴を拭き取りましょう。 体も同じく泡を使って優しく洗ってください。ゴシゴシ洗い・ゴシゴシ拭き取りは肌を傷つけるためNGです。

▼洗顔・入浴後はすぐに保湿をする

洗顔・入浴後は皮膚を覆っている油脂が流れ落ちているため、肌が乾燥しやすい状態になっています。洗顔・入浴後はそのまま放置をせず、化粧水や乳液、保湿剤を使って速やかに保湿ケアをおこないましょう。

▼化粧水だけでなく保湿剤も使用する

化粧水のみの保湿は肌から水分が蒸散してしまうため、乳液やクリーム等の保湿剤を併用するようにしましょう。

◆美肌を保つコツは「保湿効果の高い成分」を使用すること

乾燥しない肌作りのためには、保湿効果が高まる成分を使用することも重要です。化粧水や保湿剤を選ぶ時は、以下の成分が配合されているものを選んでみてはいかがでしょうか。

1/2ページ

最終更新:3/25(水) 20:15
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ