ここから本文です

『スカーレット』松田るか、伊藤健太郎は「特別な人」 ネット「切ない」の声殺到

3/25(水) 11:05配信

クランクイン!

 戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の最終週「炎は消えない」(第147回)が25日に放送され、真奈(松田るか)が武志(伊藤健太郎)に「特別な人」と打ち明ける姿に、ネット上には「甘酸っぱいような、切ないような」「儚くて切ない」などの声が相次いだ。

【写真】切ない…武志(伊藤健太郎)から似顔絵を受け取る真奈(松田るか)


 直子(桜庭ななみ)の運転で武志は真奈とドライブに出かけることに。帰宅後、直子の計らいで2人きりになった武志と真奈。武志は真奈を自分の真正面に座らせると、鉛筆とノートを手に取り「似顔絵描いたろ…描いてもええ?」と尋ねる。これに真奈は照れくさそうにうなずきながら「ええけど…何や恥ずかしいな…」と笑顔で応える。武志が鉛筆を走らせながら「会えるうちに描いとかんとな…」とつぶやくと、真奈は思わず悲しい表情を浮かべる。

 2人の間の沈黙を打ち消すように真奈は「ウチな、お母さんに言うたんよ…好きな人いること」と告げる。武志が恥ずかしそうに「そんなん言うん?」と聞くと、真奈は「いちいち言わへんよ、普通はな」と答え、続けて「普通やないから言うたんよ」と告白。そして真奈は武志を見つめながら「特別や…特別な人や」と思いを告げる。

 この2人のやりとりにネット上には「真奈ちゃん…なんてかわいいの」「きゃああ何このキュンキュン」「この2人幸せになってほしい!」といったコメントが集まった。さらに病の武志と彼をまっすぐに思う真奈の姿に、ネット上には「すごく可愛い2人なのに切ない…」「甘酸っぱいような、切ないような、微笑ましいような、悲しいような」「2人に流れる時間は儚くて切ないけど…愛おしい…」などの投稿が殺到した。

最終更新:3/25(水) 11:05
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事