ここから本文です

東京五輪延期によりメキシコ代表が選手20名を失う可能性も…

3/25(水) 20:00配信

超WORLDサッカー!

今年7月に開催予定だった東京オリンピック延期決定の影響で、メキシコサッカー代表に問題が生じる可能性が浮上している。スペイン『アス』が25日伝えた。

【動画】アヤックスで躍動するエドソン・アルバレス

世界中で感染が広がる新型ウイルス(COVID-19)の影響を受けて、24日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ委員長と日本の安倍首相は、今年7月にオリンピックの2021年夏までの延期の決定を発表した。


延期に伴ってIOCが解決策を見つけなければならない多くの問題の1つとして、男子サッカーの「23歳6カ月未満」という年齢制限の問題が挙げられている。

公式ルールでは「東京オリンピックに参加する全サッカー選手は、1997年1月1日より以後に生まれているものとする」とされているが、延期後も23歳未満の条件を守った場合は「1998年1月1日以後」となることとなる。

こうなった場合、2020年7月には出場可能だった選手は、2021年には年齢制限により出場できないという事案が発生する。これにより最も大きな影響を受けるのが、男子サッカーメキシコ代表のようだ。

3月20日から4月1日の日程で行われる予定だったオリンピック予選が延期になったことで、まだ正式な出場国とはなっていないものの、予選に臨む招集メンバー20名のうち12名、最終候補40名の中では20名が2021年の大会では年齢制限に引っかかることになる。例えば、アヤックスで活躍するDFエドソン・アルバレスは来年の7月には、23歳8カ月となる為、年齢制限を満たさなくなってしまうようだ。

メキシコ代表以外にもこの問題を抱えるチームは多く出てくるが、オリンピックルールの55条には、「異常な事態」においてはFIFAとIOCが共同で特別例外処置をとるとの記載があり、このような処遇の選手たちが出場できる可能性はまだゼロではないようだ。

未曾有の事態に柔軟な対応を迫られるIOCだが、どのような判断を下すのだろうか。

超WORLDサッカー!

最終更新:3/25(水) 20:01
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ