ここから本文です

引退フレブがバルサ在籍時に後悔したことを明かす

3/25(水) 22:20配信

超WORLDサッカー!

元ベラルーシ代表MFアレクサンドル・フレブが、2008年から2012年まで在籍したバルセロナで後悔したことを明かしている。スペイン『マルカ』が伝えている。

【動画】ペップが全てを勝ち取ったバルサでの4年間

豊かな創造性と沈着冷静なプレーで見る者を魅了してきたフレブ。今月13日に引退を発表するまで数多くのクラブを渡り歩いてきた。

その中でバルセロナ移籍について言及。2008年にキャリア絶頂を極めたアーセナルから鳴り物入りで加入したが全く結果を残せず、3年半の在籍中に3度もレンタル移籍。後に自身で「バルセロナ移籍は間違いだった」と語っている。

だが、その原因は自分にあるとフレブは言う。「馬鹿を装ってしまった」と当時を振り返っている。

「とても素晴らしいチームだった。だけど僕がスペイン語の勉強を怠ってしまったんだ。後悔しているよ」

不運だったのが加入1年目のリーグ戦第2節でケガをしてしまったこと。その後の4試合を欠場する中で、開幕未勝利だったチームは連勝街道に乗り始め、復帰した頃には居場所はなかったという。なお、そのシーズンはジョゼップ・グアルディオラ監督の1年目の年。今や世界最高の指揮官となった男の伝説の始まりだった。

「グアルディオラは素晴らしい監督だよ。彼は1年目で成功を欲していた。11人が最高のレベルでプレーをしていれば、もはやメンバーを変えることはないだろう?」

そのシーズン、初のトップチーム就任にもかかわらずグアルディオラ監督はチームをチャンピオンズリーグ優勝に導いた。その決勝となったマンチェスター・ユナイテッド戦が、自身の去就に大きく影響したとフレブは明かした。

「あの試合、グアルディオラは僕をチームから外したんだ。それはもう壊滅的な気持ちだったよ。まるで後ろからナイフで刺されたようだった。それから彼とは一切会話をしていない。僕に足りない部分があったことは理解しているけど、信じられないほどの痛みだった」

だが、全体としてはバルセロナでの経験は素晴らしい思い出となったようで、リオネル・メッシやアンドレス・イニエスタ、チャビ・エルナンデスらと共にプレー出来たことは誇りであると話した。

「彼らとの練習は忘れられない。チャビなんてほとんどミスしないんだ。信じられるかい?」

超WORLDサッカー!

最終更新:3/25(水) 22:20
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事